北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受け、岸田首相は11日、「北朝鮮が継続してミサイルを発射しているのは極めて遺憾」と述べた。
北朝鮮は今年に入り、今月5日にもミサイルを発射している。

岸田首相は、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受け、11日、首相官邸で記者団に対し、情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して、迅速かつ的確な情報提供を行うことや、航空機や船舶の安全確認の徹底、不測の事態に備え、万全の態勢をとることを指示したと明らかにした。
また岸田首相は、北朝鮮が今月5日にミサイルを発射していることに関連して、「先日、北朝鮮は弾道ミサイルを発射し、それについて国連安全保障理事会で対応が協議されたところだ。こうした事態において、北朝鮮が継続してミサイルを発射しているのは極めて遺憾なことだ。政府としては、これまで以上に警戒・監視を強めているところだが、発射の詳細については、今、早急に分析を行っている」と述べた