この記事の画像(6枚)

119番迷ったら…かかりつけ病院や専用の窓口に相談を

119番通報してよいものか…緊急性の判断は自分では難しい場合がある。名古屋市消防局を取材する中で、80代の女性が一度は通報をためらったものの冷静に判断し、救急車を呼んだケースがあった。

一軒家の玄関で仰向けに倒れる80代の男性。

救急隊:
動くとひどくなる?関係ない?一緒かね。手をお腹に

腰と腹の痛みで動けないという。

救急隊:
ここまで来て動けなくなっちゃった。顔、気を付けてね

80代男性:
向こうから這いずってきた

男性はかかりつけの病院に搬送。結果的に痛み止めの薬をもらい、この日のうちに帰宅した。

通報者は80代の妻だったが、当初は119番通報をためらったという。

通報した妻:
こんな病気で救急車をハイヤー代わりに使っちゃいかん。自家用車の後ろに乗せていこうと思った。だけど「動けん」と言うもん。どうしようもないもん、私たちの力で

妻は男性を自家用車で病院に連れていこうとしたが、一人では抱えられない。そこでとった行動が「かかりつけの病院への相談」だった。

通報した妻:
「救急車を呼んだ方がいい」と看護師が言ってくれたから

緊急性の低い119番通報は、本当に必要な場合に救急車が遅れてしまう可能性もある。名古屋市消防局も「通報する前に、かかりつけの病院や専用の窓口で相談してほしい」と話している。

(東海テレビ)