千葉県は、午後2時から記者会見を行い、県内の20代の女性2人が、新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」に感染していたことを明らかにした。2人は、現在、軽症で、県内の医療機関に入院している。2人とも、2週間以内の海外渡航歴はなく、他の感染者とも接触がないため、市中感染の疑いがあるという。

20代の女性2人のうちの1人は、12月26日に発症し、ゲノム解析の結果、31日にオミクロン株に感染していたことが判明した。女性は、31日時点で、発熱などの症状はないという。

女性は、24日と25日に、それぞれ友人1人と会食。濃厚接触者は、友人2人と家族1人の合わせて3人。濃厚接触者3人のうち2人はPCR検査の結果、陰性だった。もう1人については、現在、確認中という。

千葉県は、午後2時から、オミクロン株の市中感染例について記者会見を行った。
千葉県は、午後2時から、オミクロン株の市中感染例について記者会見を行った。
この記事の画像(2枚)

もう1人の女性は、28日に発症し、ゲノム解析の結果、31日にオミクロン株に感染していたことが判明した。女性は、30日時点で、発熱や倦怠感などの症状があるという。

女性は、26日と28日に仕事をしていて、職場の同僚7人が濃厚接触者に当たる。この7人については、現在、PCR検査を行うよう要請しているという。

オミクロン株の市中感染をめぐっては、隣の東京都で確認されているが、千葉県では、今回が初めて。

記事 1246 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。