アメリカやイギリスなどが 北京オリンピック・パラリンピックへの「外交的ボイコット」を表明する中、中国外務省は「日本のオリンピック開催を支持した中国に、今度は日本が信義を示す番だ」と強調し、日本に追随しないよう求めた。 

この記事の画像(4枚)

中国外務省の汪文斌報道官は記者会見でアメリカやオーストラリアに続き、イギリスとカナダが北京オリンピックへの「外交的ボイコット」を表明したことについて「間違いなくその代償を払うことになる」と強く反発した。

中国外務省・汪文斌報道官

その上で日本の対応について、汪報道官は「中国は日本の東京オリンピック開催を全面的に支持してきたが、今度は日本がそれにふさわしい信義を示す番です」と述べ、アメリカなどの「外交的ボイコット」に同調しないよう求めた。

北京五輪の「外交的ボイコット」念頭に発言する安倍元首相

安倍元総理が「日本の意思を示すときは近づいている」などと早期の対応を求める声がある中で、日本に釘を刺した形。中国は今後も「外交的ボイコット」の動きが広がることに警戒を強めるものとみられる。

国際取材部
国際取材部

世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。

記事 447