同じ悩みを持つ母親同士でも「声をかけづらい」孤独感が…

この記事の画像(9枚)

ダウン症の子どもを持つ親の中には、不安を抱え経験者との繋がりを求める人が少なくない。「ファインドミーマーク」はそんな親同士をつなぐキーホルダーだ。

公園に集まった4組の親子。子どもたちは皆、ダウン症だ。

母親たちのバッグにはかわいらしいキーホルダーが。「見つけてくれてありがとう」母親たちを繋いでいる。

キーホルダーを作ったのは名古屋市緑区に住む山口郁江さん(36)。

3歳の娘・紗楽ちゃんはダウン症だ。

山口郁江さん:
申し訳ないばっかりで。健康に産んであげられなくて

出産直後は自分を責める気持ちが強かったという山口さん。2人目の子育てだったが、紗楽ちゃんにはダウン症に伴う合併症もあり、不安なことばかり。経験者に相談したくても、繋がることが難しかったという。

山口郁江さん:
ダウン症です、うちもですって言っていいのかな、私が声かけていいのかなとかいろいろ考えていたら、声かけられなくなって。私を誰か見つけてくださいって、ずっと思っていて

「誰かに見つけてほしい」「声をかけてほしい」不安な育児の中で、山口さんが感じた切実な思いだ。

「サンキュー・フォー・ファインディング・ミー=見つけてくれてありがとう」クマのイラストが添えられ、母親たちが身に着けたくなるような、かわいらしくオシャレなデザイン。

「ファインドミーマーク」は、ダウン症の子どもを持つ親や家族が互いに繋がることを目指して、その目印になるもの。2020年11月に完成し、インスタグラムにアップしたところ大反響を得た。

山口郁江さん:
インスタでつながった全国の人たちが、「めっちゃいいじゃん」「私ほしい」「つけたいよ」って言ってくれたので

2021年に入りホームページを開設。毎月希望者を募り、無料で届けている。

これまで北海道から沖縄まで全国に発送。その数はこの1年で約1900個にのぼる。
今、ファインドミーマークが家族同士を繋いでいる。

ダウン症の子を持つ母親A:
キーホルダーがあったら気軽に話しかけられるし、すごくいいアイデアだなと思いました

ダウン症の子を持つ母親B:
ある日、私がキーホルダーをつけていたら「そのキーホルダーもしかして」って声をかけてくださって、「実はうちの子もダウン症なんです」って。本当に身近なところにもいるんだなって、それだけでもすごい心強かったです

山口郁江さん:
大丈夫なんだ、仲間いるんだ、声かけよう、近くにいた…そういう感じでどんどんつながっていって、みんなが楽しく生きていってくれたらいいですね

「見つけてくれてありがとう」。名古屋から笑顔の輪が広がっている。

(東海テレビ)