非接触で24時間…手軽に冷凍餃子を

宮崎市江平東に、2021年9月にオープンした餃子の直売所「大山屋2号店」。お店の特徴はというと…
24時間営業の冷凍餃子の無人販売店。商品は保存料などを使わずに作られた24個入り1,000円の「綾餃子」とツケダレのみ。

この記事の画像(11枚)

手指の消毒をしたら、備えつけの冷凍庫から商品を取り出し、料金箱にお金を入れるというシステム。保冷剤やレジ袋などもある。人と接触せずに気軽に購入できるので、売れ行きは好調だという。

この「綾餃子」を販売しているのが、昭和5年創業の醸造酢メーカー「大山食品」。かめ仕込みの黒酢をはじめ、こんにゃく、農産加工品も手がけている。

4代目の大山憲一郎さん。体に優しい素材にこだわりながら、数多くの商品を開発。発酵食品が持つ美味しさを国の内外に発信している。

大山食品・大山憲一郎さん:
「くろずたれ」という、非常に餃子に合うタレをうちは長年作っていまして。そして、マーシーという液体ゆずこしょうも餃子に合うということで、餃子にチャレンジしました

焼き・揚げ・鍋…どれをとっても美味しい

綾餃子の楽しみ方は4つ。まずは定番の焼き餃子。冷凍のままフライパンに並べたら、打ち粉を落とすように水をかけ、焼くこと約5分。綾の天然水で仕込んだ自家製の「くろずたれ」を付けて食べる。

有馬理恵リポーター:
思ったよりもすごくしっかりしてますね!パンチがあります

大山食品・大山憲一郎さん:
国産の野菜をたっぷり使っていまして、キャベツ、玉ねぎ、にんにく、ニラ、生姜。非常においしく出来ています。お肉は南九州の黒豚を使っています

揚げ餃子や水餃子もおすすめ。冷凍のまま調理できるのも嬉しいポイント。
最後は、これからの時期食べたい餃子鍋。

有馬理恵リポーター:
皮のもちもち、ジューシーさが際立ちますね。おいしいです

気軽に買える優しい「綾餃子」。食卓に並べてみては?

(テレビ宮崎)