自民党の山崎拓元副総裁は、10日夜、東京・赤坂で小泉純一郎元首相らとの会合の後、記者団の取材に応じた。

この記事の画像(4枚)

山崎氏は、会合の内容について「小泉さんと私は小選挙区制度に反対したので、中選挙区制度の方がいいんじゃないかという話題があった」と明かした。
さらに、「中選挙区に戻すのは不可能なので、小選挙区制度でいくしかない。小選挙区制度は、昔のような派閥間の激しい戦いがなくなって、どうしても政治家が小物にならざるを得ない」と語った。

一方、衆院選で、山崎氏が立憲民主党の辻元清美氏の応援演説を行い、批判があがっていることについて、「一言で言えば、友情だ。立憲民主党の応援に行ったわけではなくて、辻元個人の応援に行った」と釈明した。
また、自民党の大阪府連が処分を求める上申書を提出していることについては、会合に同席していた武田良太元国家公安委員長に「対処を任せた」ことを明らかにした。

衆院選では山崎氏の派閥を継いだ石原伸晃元国交相が落選したが、今後の派閥運営については「森山前国対委員長を中心にまとまっていくと思う」と述べた。

政治部
政治部
記事 850