人気3店がタッグ組んだラーメン「無人販売」 コロナ禍の新しい販売方法「店の味を家庭で」【長野発】
withコロナ時代の地元ビジネス

人気3店がタッグ組んだラーメン「無人販売」 コロナ禍の新しい販売方法「店の味を家庭で」【長野発】

長野放送
長野放送
地域

コロナ禍を受けて「接触」の場を減らそうと、長野県内では餃子や馬肉を売るユニークな自動販売機が登場している。
紹介するのは、同じように設置された無人販売所。売られているのは人気のラーメンだ。3つの店がタッグを組んだ。

「ハルピンラーメン」味の決め手は”寝かせダレ”

ハルピンラーメン塩尻広丘駅前店(長野県塩尻市)
この記事の画像(15枚)

にぎわうお昼の店内。ハルピンラーメン塩尻広丘駅前店だ。名物は、中国東北部の地名に由来する「ハルピンラーメン」(税込759円)。

味の決め手は、特製の「寝かせダレ」。
中国帰りの旧日本兵が現地で出会った味を再現したものといわれ、ニンニクなどの食材を4年間、熟成・発酵させてつくられている。

 

甘みの中にピリッとした辛さのあるスープが、細いちぢれ麺に絡む。

客:
甘辛いところが好きですね

甘みの中にピリッとした辛さのあるスープが細いちぢれ麺に絡む

コロナで打撃…無人販売所を開設「店の味を家庭で」

このラーメンが新たな方法で売られている。
段ボールを抱えた店員が入っていったのは、店の外にあるコンテナ。2021年6月に設置された冷凍ラーメンの無人販売所だ。

ハルピンラーメン塩尻広丘駅前店の横に「無人販売所」開設

ハルピンフーズ・山崎仁雷社長:
コロナでラーメン店も、普段のようにお客さんが来られなくなるような環境でしたので、家庭でお店の味を楽しんでいただけたらという思いで始めました

ハルピンフーズ・山崎仁雷社長

諏訪の本店をはじめ県内で5店舗を展開するハルピンラーメンだが、新型コロナの影響で売上は大きな打撃を受けた。

ハルピンフーズ・山崎仁雷社長:
時短営業要請があると大幅にダウンしてしまうんですけど、去年のひどいときは半分近く落ちちゃったこともありました

他店の人気ラーメンも販売…6種類のラーメンと餃子が楽しめる!

以前から冷凍ラーメンを扱っていたこともあり、山崎社長はラーメン店を営む仲間に無人販売を提案した。

ハルピンフーズ・山崎仁雷社長:
普段から付き合いのあるラーメン店の『おおぼし』さんと『佐蔵』さんの社長と話をして、みんな同じ悩みを抱えていたので、こういう無人販売で、そこに行けばいろんなラーメンが食べられるみたいなものをやったら面白いよねってところから始めました

無人販売所の冷凍庫

コンテナと冷凍庫は県の補助金を活用して購入。自動販売機のような仕組みではないため、盗難防止用の防犯カメラを設置した。

記者リポート:
購入方法は、こちらでお目当てのラーメンの食券を購入し、冷凍庫から商品を出して持っていくだけ。店員と接触せずに購入することができます

「ハルピンラーメン」、「麺匠 佐蔵」、「おおぼし」の合わせて6種類のラーメンと冷凍ギョーザが買える。

客:
こっちの方が非常に楽ですね。今、収まってきたけど、コロナ期だと(店内に)人がいっぱいいると怖いから

客:
夜遅くに仕事してる人とか、帰りがけに買うこともできるので、ありかなと思う

価格は店で食べるのとほぼ同じ設定だが、味には自信があるそうだ。
記者も購入して、早速 茹でて食べてみた。

記者リポート:
無人販売所で購入したハルピンラーメンをいただきます。このニンニクの効いたピリ辛のスープが麺によく絡んでおいしいですね。麺自体にもしっかり歯ごたえがありまして、冷凍だったことが全く気にならないです

「おおぼし」一番人気は鶏白湯スープの濃厚中華そば

こちらは「おおぼし」の系列店「中華そば 朧月夜」。一番人気は、中太ストレート麺と鶏白湯スープの「濃厚中華そば」(税込880円)だ。

この「冷凍版」が無人販売所で売られている。

客:
すごいまろやかで、やさしい味でおいしい。冷凍で売っているのは、お家でも味わえるのでいいですね

「朧月夜」は2020年7月のオープン。その直後からコロナの影響を受けていて、今回の新たな販売に期待している。

竹淵正貴さん

中華そば 朧月夜・竹淵正貴副店長:
オープン当初は多くの人が来ていただいたが、お客さんの足も途絶えて苦しい時期も。少しでも売り上げを上げるという意味では、朧月夜的にもありがたい話ですし、どんどんそういうのはやっていきたい

「麺匠 佐蔵」信州味噌ラーメンはまろやかなスープ

一方、こちらは長野市の「麺匠 佐蔵」。無人販売所に出しているのは、こちらも一番人気の「信州味噌らーめん」(税込880円)の冷凍バージョンだ。

「安養寺味噌」に豚骨を加えたまろやかなスープに、中太ストレート麺を合わせた逸品である。

県内に4店舗を展開しているが、駅前の店を中心にコロナで売り上げを減らしているということだ。

金子祐一さん

麺匠 佐蔵・金子祐一さん:
失ってしまった分を補うことになりますし、どうしても外食しづらい方に商品を届けられる、それが一番いいところかなと。こういうときに協力できるのもそうですし、横のつながりって非常に大事だと思いました

無人販売を提案した山崎社長は、今後も「種類を増やして充実させたい」と話す。
ただ、願っているのは以前のような光景が早く戻ることだ。

ハルピンフーズ・山崎仁雷社長:
なかなか難しいですけど、前までのように、お客さまが食事という楽しい時間帯を過ごせるような時代に戻ってくれればなというのが切なる思い

(長野放送)

長野県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×