映画「護られなかった者たちへ」の公開記念舞台挨拶が10月7日に都内で行われ、主演の佐藤健(32)さんと清原果耶(19)さん、瀬々敬久監督が登場。

佐藤さんは、映画を観た家族や友人からの反響について、顔をほころばせて語った。

「護られなかった者たちへ」大ヒット御礼舞台挨拶 東京・ユナイテッドシネマ豊洲
この記事の画像(8枚)

佐藤健 私生活は暗い?「ソファに座って…気づいたら次の日」

映画「護られなかった者たちへ」は、東日本大震災から10年目の仙台で起きた不可解な連続殺人事件を軸に、その裏に隠された衝撃の真実を描く、ヒューマン・ミステリー。

配給:松竹 ©2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

10月1日の公開から鑑賞後の満足度95.4%口コミ推奨度は94.5%という高評価を獲得し、この秋“魂が泣く感動作”として盛り上がりを見せている。

刑事役・阿部寛さん
佐藤健さんは“容疑者”を演じる

イベントでは、お互いが聞きたいことを質問し合うコーナーで、清原さんから佐藤さんへこんな質問。

清原果耶:
最近、新しく生活に取り入れたこととかで、楽しかったことってありますか?

清原果耶さん

佐藤健:
僕はね、生活に何かを取り入れないんですよ

清原果耶:
どういうことですか?

佐藤健:
ソファに座って…気づいたら次の日になっているんですよ。新しい何かを取り入れるみたいね…。そういうんじゃないんですよ。暗いんですよ

(インタビュー後半へつづく)

佐藤健「うれしいね~」母親のまねに会場もほっこり

さらに、映画を観た家族や友人からの反響について聞かれた佐藤さん。

佐藤健さん

佐藤健:
母親がもう2回か3回、観てくれたらしくて。「また観たい」と言ってくれていますね

司会:
感想とかはどんな感じ?

佐藤健:
「いろいろ考えさせられるねぇ~」って言ってました。結構、うちの母親は、割と皆さまの感想だとかも血眼になって見ている

母親の話し方をまねて、少し声色を替える佐藤さんに笑いが起きる会場。

映画でのワンシーン

司会:
エゴサーチしてるんですか?

佐藤健:
いいことばっかり書いてあって「うれしいねぇ~」って

と、母親からの作品の評価をうれしそうに語っていた。

(めざましテレビ 10月08日放送分より)