この記事の画像(13枚)

安心を届けるために “家来るドクター”に密着

自宅療養者が増加し、家族同士や子供への感染も増えている今、夜間や休日に患者の自宅に駆け付ける医師がいる。連日深夜まで出動する往診ドクターに密着した。

名古屋市中区に事務所を構える「家来るドクター」。

電話対応する職員:
現在、往診の方が混みあっておりまして、もしかするとお時間が一番遅くて21時半前後のお伺いになる可能性もあるんですけれども…

家来るドクターが出動するのは、病院が閉まっている夜間や休日。予約は毎日殺到し、多い日は一晩で20件ほどの往診に行くこともある。

午後7時。往診の医師が合流し、患者のもとへと向かう。

医師:
指出してください。体内酸素ありますね

9月4日に感染が判明し、自宅療養中の30代の男性。薬が切れたため、解熱剤と感冒薬を追加で処方した。

医師:
自宅療養になりますので、体の中の酸素はありますから、不安になる必要はないかなと思っております

男性:
はい

感染者数には減少傾向がみえる一方、自宅療養者の数は依然として高い水準。さらに、最近ではある傾向がみられるという。

往診医:
家族感染は多いと思いますね。家族でコロナになっていて、お子さんも濃厚接触で発熱したというケースもありますし、学校に通っていて発熱して、検査したらコロナ陽性だったという方もいます

同居の家族同士や子供にも広がる感染。特に10代以下の子供たちが抗原検査で陽性となるケースが、8月以降増えているという。

次に訪れたのは40代の女性の家。同居する寝たきりの母親とともに発熱などの症状があり、家来るドクターに往診を依頼した。

医師:
2人ともですね、コロナ陽性です

女性:
陽性?えっ?

医師:
こちらの「T」のところに線が入っていると思うんですけど、陽性なんですね

女性:
はい…会社にもデイサービスにも連絡しなきゃいけないですよね

医師:
そうですね。最近は家族内感染がすごく増えちゃっているので

保健所へは家来るドクターが連絡し、2人は自宅療養となった。

医師:
一応、一通り持って出て。それ以外の症状の薬も出すかもしれない、今回は

今度の患者は11歳の男の子。昼ごろから発熱し、38.5度まで上がっていた。

医師:
まずコロナの検査をさせていただいていいですか。何か心当たりあります?

父親:
いや特には…

医師:
学校では風邪はやっていますか?

男の子:
はやってない

医師:
お友達はみんな元気?

男の子:
はい

医師:
じゃあね、マスクで鼻だけ出して。頑張ってね、ごめんね。ちょっとツーンとするね

検査キットの中央、Tの下に赤い線が出たら陽性、Cの下なら陰性だ。

医師:
「C」の所に線が入っているのが分かりますか?これ陰性です

母親:
よかった

新型コロナではなく、風邪と診断された。

父親:
今はどこの病院行くのも怖いですし。電話してみたらすぐ対応していただいたので、とても助かりましたね

往診を終えたのは深夜0時。連日こうした活動が続く。

往診医:
コロナの可能性がある患者さんがいらっしゃったので、ひとつ安心されるのではないかと思います。若い方がコロナでの自宅療養中、死亡に至るケースもありますので、お気軽にご相談していただけるといいかなと思います

(東海テレビ)