姉が私を引きずって押入れの中に隠してくれた…原爆投下で被爆した女性

「原子爆弾」が広島に投下されてから76年が経った。
広島から岐阜へ移り住んだ後に、風評被害を恐れて被爆者であることを隠し続けた78歳の女性は、戦争の無い平和な世界を願い、コロナ禍の夏も語り部を続けている。

この記事の画像(25枚)

8月6日、広島市南観音町。

西田詩津子さん:
なんかジーンとくるものがあります。76年過ぎて初めてこの地に立ちました

岐阜・大垣市在住の西田詩津子さん(78)は、今は住宅が立ち並ぶこの場所で、2歳の時に被爆した。

1945年8月6日。アメリカ軍が投下した「原子爆弾」により、広島市は一瞬で壊滅的な被害を受けた。

爆心地から1.5キロ以内にいた50パーセント以上の人が死亡し、その年だけで14万人が亡くなった。西田さんは、爆心地から3.2キロの住宅で姉と被爆。

西田さん:
2つ上の姉が私を引きずって、抱っこしながら押入れの中に隠してくれた。私を抱きながら震えていたそうですが、畳の上は全部ガラスが…。姉は右半分(にガラス片が刺さった)と言っていましたかね…。私はケガしてないから、姉に助けられたと思っています

福島の事故を機に語り部に…岐阜へ移住するも風評被害恐れ被爆者であることを隠し続ける

西田さん姉妹は、その後 集団就職で岐阜・大垣市へ移住した。

姉の美津子さん(79)は、長年にわたり放射線障害に悩まされ、副甲状腺がんや子宮筋腫などを患い、30年前から2日に1度の人工透析が必要な体に…

姉の美津子さん:
(袖をまくりながら)見たらびっくりする。もう人間じゃない。自分でもあんまり見ないもの。怖くって

美津子さんの腕の血管は、長年の人工透析の影響で太くなり盛り上がっていた。

西田さん:
ごめんね、私を助けたばっかしにこういうふうになって。全部病気をもらっている、姉が

姉妹は、岐阜に来てから風評被害を恐れ、結婚後も被爆者であることを家族にも隠し続けた。

西田さん:
結婚する時も主人にも言わないし、(義理の)お父さんお母さん、言ったことないです。長男が(昭和)41年に生まれたんですけど、生まれるまで本当に心配で心配でね…

2011年の福島の原発事故。姉妹は被ばくの恐怖に苦しむ被災者が自らの姿と重り、その年から被ばく体験を語り始めた。

毎年続けていた姉妹での語り部だが、2021年は西田さん1人だった。姉の美津子さんが体調を崩し、外出できなくなったためだ。

黒いものがたくさん飛んで降りてきて…原爆投下直後に「黒い雨」を浴びた男性

西田さんは毎年、広島の平和記念式典に出席してきた。
しかし2021年は1割以下に参列者が制限されたため、会場外から手を合わせた。

今回はもう1つ、広島を訪れた目的があった。爆心地から18.7キロの広島市湯来町に住む本毛稔さん(81)さんに会うためだ。

西田さん:
同じ被爆者として良かったですねって…。それにしても長かったですね

本毛さん:
何とかしなきゃいけないと、私も一生懸命やってきてるもんで

本毛さんは、5歳の時に原爆投下直後に降った放射性物質を含む「黒い雨」を浴びた。

本毛さん:
黒いものがたくさん飛んで下に舞い降りてきて、私と弟が面白半分で拾っていたら、おじさんが「広島で何かあったんだろう。毒かもしれんで触れるな」と言われて…

太陽が見えなくなる程に空が真っ暗になり、本毛さんは降り出した黒い雨を浴びた。

一緒にいた2歳の弟はお腹がパンパンに腫れ、その年の9月に肝硬変で亡くなった。本毛さんも24歳まで原因不明の鼻血に悩まされ、白内障の手術を3回経験。今も腰椎が変形する病気に苦しんでいる。

住民84人を被爆者と国が認定…黒い雨訴訟原告に交付された被爆者健康手帳

国は、雨が降った爆心地に近い範囲を「大雨地域」、その周囲を「小雨地域」と定義。援護の対象は「大雨地域」のみとしていた。本毛さんの家は、援護の対象外だった。

本毛さん:
この川で線引きされています。こちらが「大雨地域」。こちら側が「小雨地域」。私のところへは一切、聞き取り調査をされていない。それなのに線引きされているから納得いかない

本毛さんら住民84人は、2015年に提訴。被爆者と認めるよう国を相手に訴えた。
そして2021年7月…

リポート:
全面勝訴です。控訴が棄却されました。原告団からは喜びの声が上がっています

控訴審でも、本毛さんら住民84人を被爆者と認定。援護の対象と認められ、国も上告をしないことを決定した。

西田さん:
(本毛さんの被爆者健康手帳を見て)やっぱり新しいピンク色。(自分の手帳と比べ)これだけの色の違いがありますよ。同じ色でもらえたら良かったですのにね。こんなピンク色でしたけど、こういう風になりました

本毛さん:
母と弟は亡くなっていますので、帰って仏壇に供えてね、「裁判で勝って国も認めてくれたよ」と…

しかし、裁判中に19人の原告が死亡。遅すぎる認定だった。

西田さん:
(黒い雨は)また一つ、語り部の中にプラスさせていきますので、お互いに頑張っていきましょう

「戦争のない平和な世界を…」被爆者の苦しみや思いをこれからも語り部として伝えていく

8月11日に岐阜・垂井町で開催された「原爆と人間展」。西田さんは、姉や本毛さんの苦しみや思いを胸に、被爆者の1人として伝えていた。

西田さん:
この雨を被った人は、直接は(皮膚が)ただれるとかは無いんだけども…。水飲んじゃったから体の中でそういう病気のもと、健康じゃなくなっていっちゃったのね

「戦争のない平和な世界を…」。西田さんは、次の世代に語り伝え続ける。

(東海テレビ)