目の前をバーっと真っ白になるくらいの閃光が…広島の原爆投下で被爆した男性

「原子爆弾」が広島に投下されてから76年が経った。
15歳の時に広島で被爆した岐阜・多治見市に住む91歳の男性は、戦争の無い平和な世界を願い、コロナ禍の夏も語り部を続けている。

この記事の画像(7枚)

岐阜・多治見市の梅岡昭生さん(91)は、15歳の時に被爆した。梅岡さんは、戦争について伝えていくために、コロナ禍でも語り部を続けている。

梅岡昭生さん:
私は軒下でもって、ものすごい閃光、光ですね。バーっと目の前が真っ白になるくらいの光が…

梅岡さんの脳裏には、当時の惨状が今も焼き付いている。

戦争のない平和な世界を…コロナ下でも当時の惨状を次の世代に語り伝える

梅岡さん:
もう一瞬にして、1キロぐらいは火の海。生きているか死んでいるか分からないような、焼けただれて、もうぐちゃぐちゃになった人間やら、この世とは思えないような状態

被爆後、梅岡さんは胃がんや膀胱がんなど様々な病気に悩まされてきた。

梅岡さん:
(写真を指しながら)「焼き場の少年」。死んでいる自分の弟を焼いてもらおうと、焼き場へ連れてきた。直立不動の姿勢でもって。焼けたのを確認して、その場を去っていった

子供たちに、当時の事を語り伝えている。

梅岡さん:
(絵を指して)もう熱いもんだから、水槽に飛び込んでみんな死んじゃった。恐ろしいね、核兵器の恐ろしさ

「戦争のない平和な世界を…」梅岡さんの願いだ。

(東海テレビ)