何でも挟んでしまうサンドイッチ専門店

この記事の画像(7枚)

三重県鈴鹿市の市街地にある、サンドイッチ専門店の「鞍馬サンド」。

京都好きのオーナーが、山の名前から店名を付けた。ショーケースには、照り焼きチキンを挟んだ「鞍馬」(638円 イートイン)に…。

キウイやピーチをサンドした「蛍」(385円 イートイン)など、約50種類が並ぶ。

中でも店のイチオシが、生クリームとコーヒーゼリー、そして納豆を合わせた「醍醐」(363円 イートイン)。

サンドイッチと生クリームの柔らかい食感の後に、納豆の粘りと香りが口いっぱいに広がる。

この商品が生まれたきっかけは、オーナーが商品を考えようと冷蔵庫を開けた時、たまたま納豆とコーヒーゼリーが落ちてきたことから閃いたのだという。

発売当初はあまり人気がなかったが、少しずつファンが付き、今では人気商品に。唯一無二の「納豆コーヒーゼリー」のサンドイッチが楽しめるお店だ。

(東海テレビ)

記事 2133 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。