Bリーグ川崎ブレイブサンダースは10日、今季の新ユニホームを発表した。

この記事の画像(4枚)

新ユニホームのモデルとして登場した主将の篠山竜青(33)は、「クラシカルでシンプル」と気に入った様子。8日に閉幕した東京五輪バスケットボール日本代表について感想を求められると、 「(銀メダルを獲得した)女子の試合は非常に印象に残った。町田瑠唯選手を見て、改めてバスケは身長ではないと感じた。僕も3年後のパリを目指さないといけないと感じた」と同じポイントガードで162センチと小柄な町田瑠唯(28)を絶賛。数年前に対談した縁もあり、「これを機に町田フィーバーに乗りたい」 と笑いを誘った。

また、2季前の新人王で富山グラウジーズから新たに加入した前田悟(24)は「男子の試合は練習試合から全部見た。本戦では1勝もできなかったが、練習試合でもフランスに勝ったのは事実。日本代表のレベルは確実に上がっている。女子は5人全員で戦うバスケをしていて、小さくても世界と戦えることを証明できたし、一人のファンとして感動した。パリに出なければならない世代なので、パリでは勝てるようにBリーグからもっと盛り上げていかないといけない」と誓いを新たにした。

昨季、チャンピオンシップで悔しい思いをした川崎は10月2日(土)、3日(日)に本拠地(とどろきアリーナ)で横浜ビー・コルセアーズとの開幕戦に臨む。