一秒でも早く助けを求めている人のもとへ…男性と同じ過酷な訓練に挑む

消防士の女性の割合は全体の約3%と、とても少ない「男性社会」と言われている。
2021年の春、名古屋市消防学校に入校した114人のうち、女性は11人と過去最多となった。

男性に混じり、重さ10キロの防火衣の着装訓練や、20メートルのホースを伸ばす訓練など、新人女性消防士たちは命を守る任務につくため、半年間の過酷な訓練に挑んでいる。

この記事の画像(26枚)

名古屋市消防学校に2021年の春に入校した女性11人のうちの1人、岩下聖奈(せな)さん(18)。消防士に憧れ、高校生の時に試験を受け採用された。

おっとりした性格の岩下さんだが、重さ10キロの「防火衣」の着装訓練でも男性に負けていない。

消防学校の教官:
70秒切ってるけど、おっせぇ!車両に乗れない!出動できない!

1秒でも早く助けを求めている人のもとへ。訓練時も気を抜くことは許されない。

20メートルのホースを素早く延長、撤収する訓練では、長時間、腰を曲げ続ける作業に暑さも加わり、一時ダウン…。

岩下さん:
想像よりは大変だし、機材も重たいし…。大変さ一つとってもギャップがすごくあります

入校した114人のうち女性は11人…増える女性消防職員

1日の訓練を終え、唯一リラックスできるのは同期との時間だ。

同期の女性A:
午前終わった時点で、髪の毛がもうべたべた…

同期の女性B:
いっそのこと、坊主にした方がいいんじゃないかって

女性ならではの悩みや本音がこぼれる…。岩下さんは「周囲との体力の差を感じる」と話す。

岩下さん:
男性でも「自分は体力ないな」って思う方もいると思うので…。全員が同じカリキュラムをやることは意味があるかなと思います

名古屋消防での女性の採用は例年2、3人。2020年度までで51人と、女性の割合はわずか2%だった。

国は、全国の消防署の女性消防職員の割合を5%にするよう呼びかけ、名古屋消防でも積極的なリクルートを行い、2021年は11人を採用した。

普通の女子大生から救命救急士へ…きっかけは父親が搬送された時の救急隊員

女性目線を生かした救急隊員になりたいと話すのは、沖田美里さん(25)。リュックの中を見せてもらうと、日焼け止めとハンドクリームが入っていた。

沖田さん:
普段、女子力ないので、その匂いを嗅いで自分が女子なことを思い出してって感じです

沖田さんは2年前、名古屋の金城学院大学を卒業。当時は、髪を巻き化粧をして大学生活を送っていたが、大学卒業後に専門学校に通い、「救急救命士」の資格を取得した。
救急の道に進んだきっかけは、小学校6年生の時の体験にあった。

沖田さん:
父が救急車で運ばれて…。玄関で泣いていたんですけど。(救急隊員が父の)処置もしないといけないのに、自分たちにも気を使って声をかけていただいたことが印象に残っています

自分も救急隊員になりたい。まずは消防士の過酷な訓練を乗り越えなくてはならない。

腕の力は男性の4割 足の力は6割でも…女性や子供に寄り添える消防隊員になりたい

放水訓練では、顔に水がかかり、重いホースを外す作業に四苦八苦…。沖田さんは、消防学校に入ってから高いところがあまり得意でないことに気が付いたという。

建物の2階のケガ人をはしごで救助する訓練では、はしごの途中で足がすくんでしまった。

沖田さん:
下から仲間たちが「早くしろ早くしろ」って言ってくれるので、一気に駆け上がろうと思って…。最近はちょっとずつ怖くないなって思って、意識してやっています

父の命を救ってくれたような思いやりのある救急隊員に向けて、一歩ずつ階段をのぼっていく。
沖田さんは「腕の力は男性の4割、足の力は6割で、できないこともたくさんあって悔しい」と話す。

沖田さん:
やれることはちゃんとやって、頼むところは頼もうかなって。小隊として訓練が完成するようにという意識に変わりました

チームで助け合ってこそ完成する1つの訓練。体力差も団結力で乗り越えている。「女性や子供に寄り添える消防隊員になりたい」。沖田さんは将来の姿をイメージしている。

遅れたとしても絶対あきらめない…1人でも多くの人を助けられるように

18歳の岩下さんがこの日挑んだのは、「11階建て訓練タワー」。重さ10キロの空気ボンベを背負いながら、タワーを5往復する過酷な訓練だ。

1往復、2往復、足が棒のように動かなくなっていく。30分後、5往復を終えた隊員たちが次々とゴールするが、岩下さんの姿はまだ…。

他の隊員:
岩下―!岩下がんばれー!

数分後、岩下さんもゴール。

岩下さん:
遅れてでもいいから、みんなと同じ分やる…。諦めちゃうと、他の士気も下がっちゃうし、諦めないように頑張っています

例え最後の1人になっても諦めないこと。岩下さんは、粘り強さでは誰にも負けない。

岩下さん:
1人でも多く助けられるように訓練を頑張っているので、現場に遭遇したら人を助けられようになりたい

新人消防士たちは9月まで、厳しい訓練と座学を経て、名古屋に16ある消防署に配属され、命を守る任務につく。

(東海テレビ)