2008年の北京五輪以来の開催となったソフトボール女子の決勝戦が横浜スタジアムで行われ、日本がアメリカを2対0で破り、悲願の金メダルを獲得した。

先発の上野由岐子選手(39)は試合後のインタビュー「感無量です。投げられなくなるまで投げてやる、そんな気持ちでマウンドに立った。途中で登板した後藤投手が顔面蒼白で投げているのを見て、逆に自分を奮い立たせてくれた。皆の期待に応えられた」と語り、最後は「あきらめなければ夢はかなう」の言葉で締めくくった。

上野由岐子選手(資料)
この記事の画像(2枚)

上野はアメリカ打線相手に5回を無失点におさえ、6回ウラ先頭打者にヒットを打たれたところで交代。後を託された後藤希友投手(20)がアメリカ打線をきっちり抑えた。

最終回は一度ベンチに下がった上野が再び登板、きっちり3人を打ち取り、08年北京大会に続き13年越しの連覇を果たした。