散歩を拒否する犬の様子がTwitterに投稿され、話題となっている。

それがこちら。

「いろんなポージングで散歩拒否する犬」とのコメント共にTwitterに投稿されたのは、リードをつけられたままアスファルトに横たわる白い柴犬「雪海」ちゃん(1歳)。

2枚の画像、どちらからも「ここからもう動きません」という意思を体全体で表しているように見え、何とも言えない表情をしている。

アスファルトに寝そべる雪海ちゃん
この記事の画像(7枚)

投稿したのは飼い主の「柴犬ゆきみ」(@yukimi_shiba)さんで、Twitterユーザーからはちょっと頑固な雪海ちゃんの散歩拒否に「可愛らしい」「斬新」などの声があり、話題となっている。

アスファルトに全力で寝転がっていたが、もう歩きたくなかったということなのだろうか? また、他にはどんなポーズで散歩を拒否するのだろうか?

飼い主の柴犬ゆきみさんにお話を伺った。

ただ動きたくないのだと思います

ーー状況を改めて教えて

散歩を始めて10分~15分くらい経った頃に動きたくないのか、寝そべってしまった瞬間の写真です。


ーーなぜこうしていると思う?

暑い、疲れているという理由もあると思います。雪海は気分屋のため、散歩に乗り気な日と面倒そうな日があるため、散歩が面倒な気分の日だったのかもしれません。

ーーアスファルトが好きで寝そべっているわけではない?

アスファルトよりも砂利や土、葉っぱの上の方が好きかもしれないです。地面が熱い時間帯は基本散歩をしないのですが、暑がりのため恐らくやらないと思います。


ーー“帰りたくない”のか“動きたくない”のかどっちだと思う?

ただ動きたくないのだと思います。あとは抱っこすると、ちょっと喜んでいるような顔をするため、もしかすると甘えたいのかもしれません。

仰向けでも散歩拒否

抱っこで強制的に移動しました

ーーどれくらいこの場所にいた?

2分~3分待ったのですが、人通りもあったため抱っこで強制的に移動しました。


ーーどれくらいの頻度でこうなる?

1カ月に1回程度ですが、最近は増えている気がします。散歩が乗り気でない日は家を出てすぐにこうなる日もありますし、たくさん歩いた後に寝そべることもあります。


ーーどんな性格?

頑固でちょっと天然。人を笑わせるのが好きなタイプだと思います。

堂々としたお座りで散歩拒否

“お座り”や“ふせ”など散歩拒否にもバリエーション

ーー普段はどんな様子?

リモートワーク中に足元に来てくつろいでいたり、涼しい場所で爆睡していたり、窓辺で外の様子を眺めていたり、のほほんと過ごしています。

自由に優雅な時間を過ごす一方で、あまりかまえない時間が続くと、おやつをねだったり、家具を噛んだり、食卓の上に飛び乗ったり、いたずらをしてくることもあります。

伏せの姿勢で散歩拒否

ーー他にはどんなポーズで拒否するの?

散歩拒否の姿勢は様々あり、姿勢のよいお座り、ふせ、時には仰向けに寝そべっておなかを出したりします。


ーー反響についてどう感じている?

ツイートに対して、いいねやリツイート、コメント等で反応を頂けるのは嬉しいです。

姿勢良く優雅に散歩拒否

雪海ちゃんの散歩拒否の姿勢は今回の横になるだけではなく、お座り、伏せなど、その時の気分によって色々なバリエーションがあることが分かった。そして、どの姿も可愛らしい。

なお柴犬ゆきみさんは、Twitterに日常の何気ない雪海ちゃんの様子も投稿しているので、気になる人はチェックしてほしい。

【関連記事】
「帰りません!」断固拒否する柴犬の姿がかわいい…普段の散歩もこうなのか飼い主に聞いた
「見事な4コマ」赤ちゃんを見守る柴犬に漫画のような悲劇…“兄妹”の仲を聞いてみた