中学生聖火ランナーの名前は…

福井県内を走るオリンピック聖火リレーのランナーを紹介するシリーズ。
小浜市から参加するのは、陸上部に所属し、毎日練習に励む男子中学生。

この記事の画像(11枚)

注目すべきは、オリンピックの聖火ランナーにふさわしい名前。
小浜市で聖火ランナーに選ばれたのは、陸上のトラックで先頭を走る男子中学生。
彼の名前は、「五つの輪(ごりん)に叶う」と書いて、五輪叶(いつわ・かなう)くん(14)。

まさにオリンピックの聖火ランナーにふさわしい名前の持ち主だ。
小浜第二中学校に通う3年生の五輪くんは、陸上部に所属。

今回、家族の後押しもあり、聖火ランナーにチャレンジしてみたいと応募した。
聖火ランナーに選ばれた時の心境をこう話す。

五輪叶くん:
めっちゃうれしかった。(選んでもらえたのは)やっぱり名前だと思う。珍しい名前だと言われる。単純に名前を覚えてもらえるので、僕は好き

部員たちからも人気 チーム引っ張る副キャプテン

陸上部では副キャプテンを務め、チームを引っ張る。

部員たちからも人気の五輪くん。

部員:
(五輪くんは)優しい。天然。(聖火リレー)見に行きたい

副顧問の泉浩教諭も、五輪くんが聖火ランナーに選ばれたことで、部員たちの士気につながるのではと期待を寄せている。

陸上部副顧問 泉浩教諭:
運動や部活動をしている者はいいなと思うし、自分も頑張ろうという気持ちになる

五輪くんが得意とする種目は、走り幅跳び。
6月に開かれる小浜市の陸上記録会で、少しでもいい記録が出せるよう、練習に励む日々。

2年生までは1500メートルを専門にしていて、走りには自信があるという五輪くんだが、聖火リレーでは、地元を走るということもあり、本番を前に少し緊張もしている。

五輪くん:
笑顔で走りたいけれど、緊張してできるか不安はある。笑顔で堂々と走りたい

幼いころから身体を動かすことが好きで、陸上のほかにもサッカーや水泳など、さまざまなスポーツに取り組んできた五輪くん。

聖火リレーへの参加を喜ぶ、父・直人さんも息子の挑戦を応援している。

父・直人さん:
走れることを誇りに思って欲しいし、聖火ランナーを務めたんだという自信を、これから持って欲しい

五輪くん:
自分が出ていいのかという不安もあるけれど、一生自慢できることだと思っている。みんなが笑顔になれるような走りをしたい

みんなに笑顔を届けたい。
家族や仲間の応援を背に、一歩一歩、大事に走るつもりだ。

(福井テレビ)