【関連記事】
内田裕也さんも…2019年亡くなった著名人の墓碑銘 【1月~3月】
高島忠夫さんも…2019年亡くなった著名人の墓碑銘 【4月~8月】

【作家・安部讓二さん (82) 】 9月2日死去

小説「塀の中の懲りない面々」などで知られる作家の安部譲二さんが9月2日急性肺炎のため亡くなった。 82歳だった。

私立麻布中学在学中に暴力団安藤組に出入りし、高校卒業後は日本航空に入社、客室乗務員として働いていたが、暴力団組員であることが発覚し退社することになった。1987年刑務所服役中の体験をまとめた「塀の中の懲りない面々」を出版。ベストセラーとなり映画化もされた。その後は俳優、タレントとしても活躍していた。

【大相撲井筒親方・福薗好昭さん (82) 】 9月16日死去

大相撲の横綱・鶴竜の師匠、井筒親方が都内の病院ですい臓がんのため9月16日に亡くなった。 58歳だった。

現役時代、逆鉾(さかほこ)のしこ名で最高位、関脇まで昇進した井筒親方は「もろざしの名人」と呼ばれ、殊勲賞5回、技能賞4回を受賞した。弟の寺尾、現在の錣山(しころやま)親方とともに、相撲人気を支えた。 引退後は、親方として、鶴竜を横綱に育て上げた。

(写真:時事通信)

【ソプラノ歌手・佐藤しのぶさん (61) 】 9月26日死去

日本を代表するソプラノ歌手の佐藤しのぶさんが、9月29日に亡くなった。 61歳だった。

文化庁のオペラ研修所を、最年少・首席で卒業した佐藤さんは、ウイーン国立歌劇場をはじめとする世界の舞台に立ち続けてきた。2009年11月には当時の天皇陛下の即位20年を祝う国民祭典にも出演するなど、日本を代表するソプラノ歌手として活躍していたが、9月、体調不良から公演をキャンセルすることが発表されていた。

【プロ野球・金田正一さん (86) 】 10月6日死去

プロ野球・通算最多勝利“400勝投手”の金田正一さんが10月6日未明急性胆管炎による敗血症のため、東京都内の病院で亡くなった。86歳だった。

金田さんは1950年に当時の国鉄に入団。沢村賞など数々のタイトルを受賞し、1965年に巨人に移籍したあとも勝利を重ね、前人未到の400勝を達成した1969年に引退した。「カネやん」という愛称でも知られ、引退後はロッテ監督のほか、テレビタレントや解説者としても人気を集めていた。 ソフトバンク・王貞治球団会長はコメントで「巨人に入って初めて金田さんと対戦した時は、別格以上の、それこそ大別格な投手だと感じました。わたしにとって金田さんは、大切な恩人の一人です。謹んでご冥福をお祈りします」と大投手をしのんだ。

(写真:時事通信)

【女優・八千草薫さん (88) 】 10月24日死去

“日本のお母さん”として愛された女優の八千草薫さんが10月24日膵臓がんのため都内の病院で亡くなった。88歳だった。

八千草さんは1947年に宝塚歌劇団に入団。清純で可憐な娘役として一世を風靡し、雑誌企画の「お嫁さんにしたい女優」で何度も1位に選ばれた。1957年に宝塚歌劇団を退団してからは、本格的に映像の世界に進出。1972年『男はつらいよ 寅次郎夢枕』、2002年ドラマ『東京物語』、2009年『ディア・ドクター』など、数々の作品に出演し、1997年に紫綬褒章、2003年に旭日小綬章を受章。映画・ドラマの他にも、CMやバラエティーで活躍。その穏やかで品のある佇まいで、幅広い世代に親しまれた。

【関連記事】“生涯女優”を貫いた八千草薫さん 亡くなる前日に語ったこと
【関連記事】八千草薫さん 闘病中も貫いた“女優魂”とは? 里見浩太朗・柳生博が明かす秘話

【元国連難民高等弁務官・緒方貞子さん (92) 】 10月29日死去

国連難民高等弁務官などを歴任し、世界を舞台に活躍した緒方貞子さんが亡くなった。92歳だった。

緒方さんは、日本初の女性国連公使などを経て、国連で世界の難民問題を扱う重要ポスト、国連難民高等弁務官をおよそ10年間務めた。その後、国際協力機構(JICA)の理事長を歴任するなど、国際社会を舞台に活躍した。
国連のグテーレス事務総長はコメントを出し「緒方さんは信念に基づき、思いやりがあり、効果的な難民支援の基準を作り上げた」と功績をたたえた。葬儀に先立ち、聖心女子大学の後輩で、長年、緒方さんと深い親交がある上皇后さまも弔問された。

【俳優・滝口幸広さん (34) 】 11月13日死去

俳優の滝口幸広さんが11月13日突発性虚血性心不全で亡くなった。34歳だった。

滝口さんは2004年にドラマ「ウォーターボーイズ2」で俳優デビューし、ミュージカルや映画などで活躍したが、11月13日未明に34歳という若さで亡くなった。自身のインスタグラムには亡くなる2日前にも笑顔の写真を投稿していた。突発性虚血性心不全は心臓を囲むように流れる動脈が狭まったり、詰まったりして起きる。所属事務所によると持病はなく病気の前兆もなかったという。

【女優・木内みどりさん (69) 】 11月18日死去

女優の木内みどりさんが11月18日滞在先の広島市のホテルで急性心臓死により亡くなった。69歳だった。

木内さんは1971年に映画デビュー、女優業にとどまらずバラエティー番組でも広く親しまれた。自身のTwitterでは亡くなる前日にも広島市内を散歩する様子をツイートしていた。近年は脱原発運動にも力を入れていた。

【歌手・元KARAク・ハラさん (28) 】 11月24日死去

韓国のガールズグループ「KARA」の元メンバー、ク・ハラさんが11月24日自宅で亡くなっているのが見つかった。

ク・ハラさんは2008年に加入したKARAメンバーとして活躍、グループの活動休止後も女優や歌手として活動し、2019年から日本に活動拠点を移していた。自宅からは、身辺を悲観する手書きのメモが見つかり、警察は、自殺の可能性が高いとみて調べている。

【関連記事】KARA元メンバー、ク・ハラさん(28)自殺か?「アイドルは完璧でなければいけない」 韓国芸能界の“闇”とは

【政治家・中曽根康弘さん(101) 】11月29日死去

昭和を代表する政治家の1人で「大勲位」と呼ばれた中曽根康弘元首相が11月29日朝、老衰のため亡くなった。101歳だった。

中曽根氏は、群馬・高崎市の出身で1947年に衆議院議員として初当選し、1982年、戦後政治の総決算を掲げて首相に就任した中曽根氏は、政策面では、旧国鉄や電電公社、専売公社の民営化を実現させ、行政のスリム化を進めたが、大型間接税の売上税導入は断念に追い込まれた。外交面では、当時のアメリカのレーガン大統領と互いに「ロン」、「ヤス」と呼び合う蜜月関係を築いたが、一方で、1985年の終戦の日に靖国神社を公式参拝し、中国などとの関係を悪化させることにもなった。昭和に首相を務めた存命の政治家は中曽根氏が最後で、時代の証人がまた1人、この世を去った。

【俳優・梅宮辰夫さん(81) 】12月12日死去

俳優の梅宮辰夫さんが12月12日慢性腎不全のため亡くなった。81歳だった。

梅宮さんは1938年、旧満州のハルピンに生まれ、スカウトされて、「東映ニューフェイス」としてデビュー。「不良番長」や「仁義なき戦い」シリーズで東映の黄金期を築き、その後も多数の映画、ドラマに出演した。近年はバラエティー番組でも活躍し、料理の腕前や軽妙なトークで人気を博した。梅宮さんは2018年9月に前立腺がん、2019年1月に尿管がんの手術を受けていて、人工透析を始めたことを、娘のアンナさんが明かしていた。

【関連記事】人徳のある方、背中で芝居をする役者…昭和の名優・梅宮辰夫さん(81)死去。親交のあった山田雅人と高橋克実がグッディスタジオで語る
【関連記事】俳優・梅宮辰夫さん81歳 死去 がんとの闘い 家族への思い
【関連動画】梅宮辰夫さん 慢性腎不全で死去 自宅で容体急変

【政治家・望月義夫さん(72) 】12月19日死去

環境大臣などを歴任した自民党の望月義夫衆院議員が12月19日、肝不全のために死去した。72歳だった。

望月氏は、27歳の若さで地元・静岡県清水市(当時)の市議会議員に初当選し、静岡県議会議員を経て、衆議院議員となった。以来約22年、財務大臣政務官、国土交通副大臣などを務め、第2次安倍改造内閣では環境大臣に。また自民党の名門派閥である岸田派(宏池会)の事務総長として、会長である岸田文雄・政調会長を次の総理大臣にすべく最も尽力してきた人物でもあった。5月に医師から余命宣告を受けるも、徐々にやつれ始めた体を心配する声に対して「いまダイエット中なんだよ」と笑いながら応じ、政治家として1日でも長く尽くそうとした。12月23日、地元で行われた告別式では岸田氏が弔辞を読み、「筆舌に尽くしがたい深い悲しみを覚えずにはいられません。かけがえのない仲間であり、同志であった」とその死を心から嘆き、悼んだ。

【関連記事】「岸田文雄を総理大臣にさせる!」支え続けた最側近「もっちゃん」望月義夫議員の遺言