解決を待ち続けあっという間の5年…「私たちにとっては区切りでもないし、忘れた日は本当にない」

この記事の画像(14枚)

愛知・蒲郡市で起きた女性の殺害事件。未解決のまま、2021年3月10日で5年が経った。
誰からも慕われていた母がなぜ…遺族が思いを語った。

2016年3月10日、愛知・蒲郡市の住宅で遺体で見つかった杉浦加津代さん(当時73)。海外出張から帰ってきた長男の司さん(56)が、1階の居間で変わり果てた加津代さんの姿を発見した。

加津代さんの長男・司さん:
頭がこちらで、こちらから引きずったような跡が。血の跡があって、倒れていたのはこちら。首に携帯電話のコードが巻かれていて、事故とかじゃなくて事件だと思いました

首にコードが巻かれ、顔にはビニール袋が…。警察は殺人事件と断定した。

現場の状況などから、自宅裏の窓ガラスを割って侵入した何者かが、加津代さんと鉢合わせし襲った可能性があることが判明。

捜査員のべ1万2千人以上が投入されたが、いまだ犯人に繋がる手がかりは見つかっていない。

あれから5年…。
いつも人の世話焼きばかりで自分は後回し。あんなに優しかった母が、なぜ殺されなければならなかったのか。

母が亡くなった家と同じ敷地内に住み続けている、司さんと妻の多香子さん(56)。今も加津代さんのことを思い出さない日はない。

多香子さん:
朝早い出張の時は(駅まで)送ってくれましたし、(夜の)11時でも待っていて迎えに来てくれたり

司さん:
私たちもいい大人ですけど、世話をされていたような感じです

加津代さんは、夫婦の面倒はもちろん、畑で育てた作物やミカンを近所に分けて回るなど、いつも自分のことは後回し。

そんな加津代さんに多香子さんが渡したのが、 加津代さんのことを守って欲しいと願いを込めた指輪だった。

多香子さん:
ジュースを作っておいたから、冷蔵庫にラップして入れといたよって。「ありがとう、ありがとう、いつも悪いね」って言われて

出勤前に車庫で交わした何気ないやりとりが、最後になった。

司さん:
5年ってあっという間ですけど、私たちにとっては区切りでもないし、忘れた日は本当にないですね

多香子さん:
私たちにとっては何もあの日から変わっていない。守ってあげられなくてごめんなさい

警察から遺品として返ってきた指輪は、形見として多香子さんが大事にはめている。

多香子さん:
こういう季節になったねとか、周りの花がこうなったよとか。いつも(指輪を)身に着けていれば(母が)感じてくれるかなと思って

今もどこかで加津代さんが見守っていてくれる、そう感じているという夫婦。

司さん:
もっといろいろ楽しめることをしてあげられたらよかった。旅行に行ったりとかしたかったな。母の、まだまだ今から楽しめる人生を、奪い取った犯人を許せないですね

墓前に犯人逮捕を伝えられる日が、何よりの孝行と信じ、解決を待ち続けている。

(東海テレビ)