コロナ禍で推奨されてきた、マスク着用が緩和されつつある。政府が5月に示した方針では、他者との身体的距離がとれて会話をしない場合など、一定の条件では外してもよいことになった。

ただ、実際はいまだに多くの人が常に着けている。外すことが恥ずかしい気持ちもあるようで、ネットでは“顔パンツ”という言葉で例えられている。

就職・転職全般の調査研究を行う「Job総研」が5月、20歳~59歳の社会人の男女708人に行った「脱マスク」の調査では、外したくても外せない人の存在も見えてきた。

不便でも…約9割が「着用を続ける」

調査によると、回答者全体の83.6%が仕事中にはマスクを「着用している」と答え、1日の着用時間は平均で8.3時間、中央値で9時間にのぼった。そして着用により、仕事上の不便(声が聞き取りにくい、着用時の痛みや違和感による集中力の低下など)を感じてもいた。

マスク着用で経験した不便(提供:Job総研)
この記事の画像(8枚)

その一方で、今後の着用については「絶対に続ける」(15.0%)、「続ける」(33.1%)、「多分続ける」(39.2%)となり、87.3%が着用に肯定的。否定的なのは「絶対に続けない」(1.6%)、「続けない」(3.7%)、「多分続けない」(7.4%)を合計した、12.7%にとどまった。

今後のマスク着用について(提供:Job総研)

将来的な脱マスクのタイミングを聞いて(複数回答可)も慎重で、「特効薬ができてから」(48.5%)が最も多く、次いで「感染者が減った場合」(39.2%)、「国から言われたら」(30.3%)だった。

マスク非着用に良くない印象を持つ人も

さらに、マスクをしていない人への印象を聞いたところ、「関わりたくない」(36.5%)、「不快に感じる」(25.6%)を合計した、全体の62.1%が良くない印象を持っていた。職場で未着用者を見たときの対応は「必要なこと以外関わらない」「着用を促す」「腹が立つが何も言えない」などが上位で、厳しめな対応となっていた。

マスクをしていない人への印象(提供:Job総研)

今回の調査では自由記述欄もあり、こちらでは「正直マスク不要な場面も多いと思うがマスクをしないと白い目で見られるため着けていることが多い」といった意見も見られた。

着用者が多数派であること、非着用者に否定的な反応があることから、外したくても外せない状況が生まれているのかもしれない。

マスクを外せない状況にはどんな要素が影響しているのだろう。医療・健康心理学の研究者で大阪大学大学院の平井啓 准教授に、心理的な背景を伺った。

マスクを外せないのは「自分の判断」で着けているから

――海外はマスク着用撤廃の動きもあるが、日本では外さない傾向が強い。これはなぜ?

海外と日本の大きな違いは、マスク着用を義務としたかどうか。海外はルール化して、それを解除したので人々が外しました。一方の日本は着用をお願いしたので、個人が「自分の判断」でマスクを着けています。外すことも自分の判断になるので、明確な何かがなければ難しいと思います。これが一つ。

自分の判断でマスクを着けている(画像はイメージ)

――他にはどんな要因が考えられる?

もう一つは、心理面での「作為」(積極的な行為)と「不作為」(消極的な行為)になります。一般的に作為的な行動は責任を感じやすく、不作為的な行動は責任を感じにくいです。例えば、健康診断を申し込んだ後に予約をキャンセルした。あるいは、最初から申し込まなかったとします。

どちらの行動も「健診を受けない」結果は同じですが、予約をキャンセルすること(作為)は責任や罪悪感を感じる。最初から申し込まないこと(不作為)はそれらを感じにくい。病気が見つからないことは、本人にとって避けたいことであるはずなのにです。今は人々がマスクを自分の判断で着用しているので、外すことが作為になっている。そのため、外しにくいのではないでしょうか。
 

――同じ行動でも、状況で作為と不作為は変わるということ?

はい。積極的な行為や心理的なコストがかかるものが作為となります。今はみんながマスクを着けていて外すことが日常を変えることになる。そのため、外すことが作為になる。これが逆にみんなが着用しなくなれば着けることが作為になります。自分の選択で何かを決めるよりも、他人と同じようにするほうが簡単ということですね。

作為と不作為の例と影響(編集部作成)

――長期的なマスク着用は、人間の心理や行動にどう影響すると考えられる?

人間のコミュニケーションは、相手の表情を読み取って気分を判断するなど、ノンバーバル(非言語)の割合が大きいと言われています。マスクを着用すると顔の半分が遮られるので、このコミュニケーションが難しいところはあります。ただ、その分を言葉での説明で補っている可能性もあるので、言葉にして伝えるようになったと言えるかもしれません。

――調査では外したくても外せない人もいた。どんな心理的影響が考えられる?

人と違うことをしたくない、同じことをするほうが心理的コストが低いため。それと、マスクをしていないことで不利益があるためだと思います。例えば、マスクをせずに百貨店に入ると連れ出される、注意される。他人から変な目で見られるかもしれません。外すことで得られることよりもそちらの影響が大きいと思うので、外せないのだと思います。
 

自分も我慢しているのだから他人も我慢すべき

――着用者が未着用者に否定的な意見を持ってもいたが、どんな心理的影響が考えられる?

自分も我慢しているのだから他人も我慢すべき。こうしたところがあると思います。自分は我慢という負担を払っているので、払っていない人をよくないとみなす。少し前にみられた“自粛警察”もこの心理ですね。コロナ禍以外でも、脱税事件で税金を払わない人に怒りを感じたりするのも、同じ心理です。

我慢による負担の影響も考えられる(画像はイメージ)

――着用者と未着用者が対立しないような、心理面でのアドバイスはある?

難しいと思います。一定のルールに沿って考えることができるのが理想です。例えば、「着用してください」とあればそれに従う、野外で着用しなくていいのであれば、外している人が気になっても指摘するのは避ける。こうしたところを伝えていくことでしょうか。

周囲に指摘されないための感染対策になっていないか

――感染対策に関連した、メディアや行政の対応に思うことはある?

ルールが変わらなければ、人は自分から責任をとって変わることは難しいものです。企業の感染対策においても、本当に合理的な効果があるかはどうでもよくなっていて、自分たちが(対策をしていないと言われる)攻撃対象になることを回避したい。それが今の全体の空気感ではないでしょうか。難しいのでしょうが、感染対策のどこが合理的かそうでないかをはっきりさせてほしいですね。


――人々のマスク着用について思うことはある?

気になるのは、屋外ではマスクをきっちりしているのに、飲食店に入ったら外して普通に談笑する姿が日常的にみられることです。飲食店での談笑の方が感染リスクが高いはずなのに、誰も違和感を覚えていません。恐らくは、屋外は人の目があるので「していないとまずい」、飲食店に入れば「自分は大丈夫」というバイアスが働いていて、こうなっているのでしょう。一種の同調だと思います。

飲食店で談笑する姿もみられる(画像はイメージ)

――マスクを外すか迷っている。あるいは外せない人に伝えたいことは?

自分がいる状況の感染リスクを判断し、低ければ外すことを考えてもいいでしょうが、判断も難しいと思います。外したいのなら、公式の方針や見解を見て、何かあったときに説明できるようにする。一方で、周りがしているから着用することでも構わないと思います。判断に迷うところでは着用していいと思いますが、周囲に誰もいないなど感染リスクが限りなく低いのなら、外すことも考える。こうした意識を実践することはしていいのかもしれません。


マスクの着用は感染リスクが高い場所などでは引き続き必要だ。ただ、夏場の炎天下などでは長時間の着用が熱中症をまねく恐れもある。周囲の状況に応じて、着ける・外せるという選択肢があることは意識していいのかもしれない。

記事 4293 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。