アメリカで今、注目を浴びているこの議員。

この記事の画像(13枚)

「有権者にどんな説明を?」「どうして逃げるんですか?」と記者に問われるその経歴は、嘘だらけだった。

投票回数15回、もめにもめたアメリカの下院議長選挙。

その中でやたらとカメラに抜かれる男性議員がいた。

共和党のジョージ・サントス下院議員(34)。

2022年に選出されたばかりの新人だが、注目されている理由は「経歴詐称」。それも、1つや2つではない。

「大学を卒業しました」というのは嘘。

「金融会社で14年間働きました」も嘘。

「私はユダヤ系です」これも嘘だ。

何から何まで、嘘だらけのサントス議員。さらにこんな疑惑も…。

「名前まで嘘なのでは」という疑惑も
「名前まで嘘なのでは」という疑惑も

記者:
あなたの本当の名前は?

名前まで嘘なのでは?とささやかれているのだ。

議長選挙の時には、こんな場面があった。

名前を呼ばれているのに下を向いたまま
名前を呼ばれているのに下を向いたまま

「サントス!」「サントス!」と自分の名前を呼ばれても、しばらく気づかなかったサントス議員。

経歴については「脚色した」と話しているものの、「私は犯罪者ではない」と弁明している。

(「イット!」1月11日放送)

記事 2524 イット!

知りたかったことが分かれば、きっと明日が楽しくなる。
知らなかったことが分かれば、きっと誰かに話したくなる。
「明日も頑張ろう」と思えるそのささやかな力になれればと今日もニュースをお届けします。
フジテレビ報道局が制作する夕方のニュース番組。毎週・月曜〜金曜日午後3時45分より放送中。榎並大二郎と宮司愛海が最新ニュースを丁寧にお伝えします。