よみうりランドで「ワーケーション」

休暇を楽しみながらテレワークをする「ワーケーション」。沖縄や軽井沢などの旅先でするイメージがあるが、これを遊園地でできるサービスが誕生した。

遊園地のよみうりランドが、ランド内のプールWAI横にあるプールサイドの特設スペースを、仕事のためにレンタルできる「アミューズメントワーケーション」として10月15日から提供するという。

提供:よみうりランド
この記事の画像(6枚)

「アミューズメントワーケーション」は、遊園地の開放的な空間を生かし、“エンターテインメント×ワーク”をテーマに新感覚の仕事スタイルが体感できる新サービスプラン。
全部で11ブースあり、電源やWi-Fi、テーブル、デッキチェアを完備。非日常空間で仕事することができる。

提供:よみうりランド

観覧車でゴンドラ1台貸し切り!?

そして注目なのは、ポケットWi-Fiが付いた観覧車1時間乗車券(4周分)でゴンドラを1台貸し切って、観覧車を完全プライベート空間として働くこともできるというのだ。パソコンでの作業も可能で、空中からオンライン会議に参加することもできるので話のタネにもなりそうだ。

さらに、「アミューズメントワーケーション」で仕事を終わらせた後は、家族と合流して遊園地を楽しんだり、温浴施設「丘の湯」やゴルフ練習場「よみうりゴルフガーデン」で汗を流すなど、充実したアフター5も過ごせそうだ。

提供:よみうりランド

セットの内容は、遊園地入園、ブース使用料(テーブル×1、イス×2、デッキチェア×2、1ブースにつき2名まで利用可能)、Wi-Fi利用料、電源利用料、観覧車1時間乗車券(最大4周まで)、園外施設「丘の湯」タオル無料券が含まれ、利用時間は9時から16時までとなる(ブースの利用が16時までで、16時以降の園内利用は可)。

料金は1人で利用する場合、平日が1900円、土日祝日および特定日(12月24日~1月3日)が2000円、2人で利用する場合は平日、土日祝日関わらず3600円(税込)。そして、車で来園する場合は駐車代が無料となる。

利用の流れは、インターネットから仮予約の上、よみうりランドからの電話で予約が確定となる。(当日の予約の場合は、044-966-1123に電話)

テレワークが普及し、自宅で一日を過ごすことが多くなった現在。たまにはこのような場所で仕事をするのも悪くないかもしれない。
なぜ、「アミューズメントワーケーション」を始めようと思ったのか。よみうりランドにお話を伺った。

楽しみながら仕事を、と企画

ーー「アミューズメントワーケーション」を始めようと思った理由を教えて

多くの企業でテレワークや時差出勤が増加している中、遊園地の開放的な空間を生かすことで、“エンターテインメント×ワーク”をテーマに新感覚のお仕事スタイルをお客様に提供できると考えました。

当社企業スローガンである「遊びを、まん中に。」に則り、普段とは違う「楽しみながら仕事をする環境」を整備することは、お客様にも喜んでいただけると考えております。


ーーなぜ観覧車1時間乗車券をセットに入れた?

遊園地ならではのワークスペースを検討した結果、観覧車が最も適していると考えました。


ーー今回のプランはどのような人におすすめ?そして、どのように過ごしてもらいたい?

新しいモノが好きな方や、楽しい環境でお仕事がしたい方にご利用いただきたいです。また、ご家族一緒に遊園地にお越しいただき、仕事を終わらせてからすぐにご家族と合流し、遊園地をお楽しみいただくなど、お客様の生活環境によって様々な形での利用が可能です。
 

ちなみに、よみうりランドのHPでは、モデルプランを3つ紹介している。

新しいモノ好きのフリーランスの男性が観覧車を利用した過ごし方の例として、

同業仲間とのオンラインミーティングに、なんと観覧車の中から参加!
みんな、空中からの映像にびっくり!個性的な仲間が多いので、うらやましがられちゃった、ちょっと恥ずかしいな。



そして家族向けには「~家族サービスの休日に急な仕事が...!会社員男性(30代)~」のプラン。

~8:00~
今日は家族でよみうりランドへお出かけ!
1週間前から約束をして、みんなで楽しみにしていたけど.........まずい!急遽、急ぎの案件が...!
2時間だけ仕事ができれば、大丈夫なんだけど...もうこどもたちは準備万端だし...困ったなあ。
って、よみうりランドにワークスペースがあるの?!
当日だけど、電話してみたら空きがあったみたいで予約できた!

~9:30~
よみうりランドに到着!
こどもたちは、さっそくアトラクションに一目散!
自分は、「アミューズメントワーケーション」で、集中して仕事をこなすぞ!
遊園地の賑やかな音が少し気になるから、耳栓を持ってきて正解だった!

~11:30~
よっしゃー!仕事が片付いた!
お昼ごはんからは、家族と合流!
仕事がしっかりと終わっているから、今からは心おきなく休日を楽しめる!

~18:00~
めいっぱい遊んで疲れた~!
「アミューズメントワーケーション」の特典で、遊園地となりの温浴施設「丘の湯」のタオル無料券をもらったから、家族みんなでさっぱりして帰ろう!


遊園地という環境を活かして生まれた「アミューズメントワーケーション」。このように家族で来て仕事が終わった後に合流するなど楽しみ方は様々で、それぞれの都合に合わせて利用することができそうだ。

観覧車の中でのテレワークは体験してみたいと思った人も多いだろうが、非日常空間で最上部に到達したときなんかに思いがけないアイデアが浮かぶかもしれない。いつもと違った環境で仕事がしたいと思った人は、一度試してみてはいかがだろうか。
 

【関連記事】
キャンプ場で『ワーケーション』 休暇と仕事 両立可能? 参加者「インスピレーションが涌く」
「絶叫は心の中で…」社長自ら体を張って乗車! 富士急ハイランドの“お手本動画”に大反響