優れた文房具に贈られる「日本文具大賞」のグランプリが9月発表された。めざましテレビでは、その注目の文房具をシェアする。

紙ねんどが作れるキット

まずは、機能部門グランプリに輝いた「相馬 ホントの紙ねんどつくるキット」1800円(税別)。

自分で紙ねんどが作れるキット。まずは、細く切られた紙や重曹、クエン酸を袋のまま水1500mLと一緒にバケツにいれ混ぜる。

それを小さくちぎったあと、タオルで水気を絞り、のりをいれてこねると手作り「紙ねんど」の完成。

乾燥した後は色を塗って楽しめる。

色ごとの香りが楽しめる絵の具

機能部門優秀賞は「GRASSE TOKYO 香の具 9色セット」5400円(税別)。

この絵の具のフタを開けてみると…

めざまし取材班:
あ!この絵の具、オレンジの香りがします!

実はこれ、香りがする絵の具。オレンジ色はオレンジの爽やかな香り、紫色はラベンダーの華やかな香りなど色ごとにそれぞれ匂いが違う。

フレグランス商品の会社が作っていて、描いた絵からも香りが楽しめる仕組み。

インクを使わず磁石で書くホワイトボード

続いても機能部門優秀賞「プラス クリーンボード クレア壁掛けタイプ 電動イレイサー付き」2万4800円(税別)。

一見、普通のホワイトボードにしか見えないが、書いた文字をうっかり触っても…

めざまし取材班:
あ!触っても手につきません

これはインクを使わず磁石で書くことができるホワイトボード。

ボード内部にはマイクロカプセルに入った鉄粉が埋め込まれていて、ペンの先端についた磁石に鉄粉が反応して書くことができるようになっている。

もちろん、消したい部分だけを選んで消すこともできる。

続いてはデザイン部門優秀賞の「PLOTTER 地球儀」5500円(税別)。白っぽいボールのようだが…

これは直接書き込める地球儀。白地図のように世界地図が印刷されていて、行きたいところや旅行に行った先に色をつけることができ、インテリアとしても飾ることができる。

(「めざましテレビ」9月16日放送分より)