東京・世田谷区で、24歳の女性が過去に交際していた男に刺され死亡した事件で、男が「怒りで頭が真っ白だった」と供述していることがわかった。

殺人未遂の疑いで送検された王雷容疑者
殺人未遂の疑いで送検された王雷容疑者
この記事の画像(8枚)

男「彼女に対する怒りで頭が真っ白だった」

中国人の王雷容疑者(29)は世田谷区のマンションで、小島七海さん(24)の胸などを複数回刺した殺人未遂の疑いで30日、送検された。

王容疑者「彼女に対する怒りで頭が真っ白だった」
王容疑者「彼女に対する怒りで頭が真っ白だった」

警視庁によると、王容疑者は「3〜4回刺した。彼女に対する怒りで頭が真っ白だった」と供述しているという。

警視庁は王容疑者に2度口頭で指導していた
警視庁は王容疑者に2度口頭で指導していた

2人は過去に交際していて、警視庁は、7月以降、小島さんに対して暴力を振るったことを把握したため、王容疑者に接触しないよう、2度口頭で指導していた。
(「Live News days」11月30日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(8枚)