ロシア本土とロシアが強制的に編入したクリミア半島を結ぶクリミア橋で大規模な爆発があり、橋の一部が崩壊した。

ロシアの国家テロ対策委員会は、ロシア本土とウクライナ南部のクリミア半島を結ぶクリミア橋で8日、本土側からのトラックが爆発したと発表した。

ロシア連邦捜査委員会は、この爆発で男女3人が死亡したと明らかにした。

ウクライナ大統領府は「これが始まりだ、違法なものはすべて破壊されなければならない」とツイッターに投稿。

ウクライナのメディアは、爆発にウクライナの情報機関が関与したと報じている。

クリミア橋は燃料などロシア本土からの物資輸送の要で、爆発が起きたあと、クリミアではガソリンスタンドに車の列ができたほか、フェリーに乗って逃げようとする車で渋滞が発生している。