イートインスペースのあるコンビニはよく見るようになってきたが、コンビニでつまみを買って隣の店で飲む、そんなことができるコンビニ併設のバーが6日、東京にオープンした。

オープン日の店内の様子(提供:株式会社のぶちゃんマン)
オープン日の店内の様子(提供:株式会社のぶちゃんマン)
この記事の画像(6枚)

コンビニバーがあるのは新宿ワシントンホテルの地下1階で、「ローソン新宿ワシントンホテルビル店」の中に「お酒の美術館 新宿ワシントンホテルビル店」としてバーを併設。多くのフランチャイズ店を展開する「お酒の美術館」では、チャージ無料でアルコールを1杯500円から提供し、通常の店舗はもちろんスーパーや駅構内などとのコラボ店をオープンしてきた。

コンビニとのコラボ事業は2019年からスタートし、ローソン併設店もすでに大阪や広島に登場しているが、東京出店は今回が初めてとなる。

(提供:株式会社のぶちゃんマン)
(提供:株式会社のぶちゃんマン)

「新宿ワシントンホテルビル店」の営業時間は15:00~23:00で年中無休。広さは9.73坪で、カウンター8席とテーブルが4卓あり、最大収容人数は20人。つまみはローソンで購入した商品を持ち込めるスタイルになっている。

オリジナルブレンドの「からあげクン専用ウイスキー」を提供

またローソンファンが愛してやまない「からあげクン」にマッチする味わいの「からあげクン専用ウイスキー」(500円)も用意。

お酒の美術館が独⾃に開発した、ほんのりとスモーキーが香るオリジナルブレンドのウイスキーで、飲み方はハイボールがおすすめとのことだ。

(提供:株式会社のぶちゃんマン)
(提供:株式会社のぶちゃんマン)

「バー」という文化の裾野を広げたい

ちなみに、ファミリーマート併設店にはファミチキに合うウイスキーを用意しているそうだ。同じ“鶏の揚げ物”となる「からあげクン」の専用ウイスキーとはどのような違いがあるのだろうか?

そして、コンビニ併設バーのメリットについてもお酒の美術館を運営する株式会社のぶちゃんマンの担当者に聞いてみた。


――なぜコンビニとのコラボに乗り出した?

コンビニには年齢性別問わず毎日多くのお客様が訪れます。そのお客様を少しでもお酒の美術館へ流入が可能なのでは、と考えたことと、お客様に提供するフード類をコンビニから購入することで、コンビニ側にも売上貢献のメリットがあると考えました。またコンビニフード類の品質向上は目を見張るものがあり、お客様に喜んでいただけるだけでなく、当社はドリンク提供のみに特化することでオペレーションも簡略化できると考えた次第です。


――バー側でフード類は出さないの?

コンビニバーに限りフードは出しておりません。おつまみはコンビニから持ち込んでいただきます。


――コンビニとのコラボで苦労したことは?

コンビニ併設ということで「角打ち」のようなものをイメージする方が多いのですが、しっかりとしたバー空間を演出する為に内装やコンビニからの動線等を工夫しました。


――東京初出店はすんなり進んだ?

私どもの単独店舗と違い、コラボするコンビニ側と、お店の立地や大きさレイアウト等々について協議しながらすすめたので当初の予定より進出に時間がかかりました。

(提供:株式会社のぶちゃんマン)
(提供:株式会社のぶちゃんマン)

――ワシントンホテルにはバーがあると思うが、その地下に出店したのはなぜ?

お酒の美術館の特徴としてチャージ無料、1杯500円からとリーズナブルなことと、今回はコンビニバーですので、普段バーに行かないお客様も多く来店されます。ホテル併設のバーとはまた違って、1杯だけでも気軽に来店していただければと考えており、バー文化の裾野を広げることができればと考えております。


――すでにオープンしているコンビニバーでの、お客の利用時間は?

コロナ前ではスタンディングだった為、1~3杯で滞在時間は短いですが、コロナ禍以降は椅子を常備し座ってご飲食頂けるので長く滞在していただけるお客様も増えております。


――併設の効果についてコンビニ側からの評判は?

乾きものやおつまみなど、お酒に合うフードの売上が上がったと聞いております。


――「からあげクン」専⽤ウイスキーと「ファミチキ専用」は、どんな違いがあるの?

ファミチキ専用とはまた違うお酒をブレンドし、スモーキーでも後味スッキリと飲んでいただけるウイスキーに仕上げております。


――6日の新宿ワシントンホテルビル店のオープン日はどんな様子だった?

お陰様で好評をいただきました。ありがたいことにお客様の足並みも予想より多くご来店いただきました。

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

お酒の美術館は2030年までに「気軽に飲めるバー」を全国1000店舗の出店をすることをめざしているという。

コロナ禍で家飲みにシフトした人も多いかもしれないが、また外飲みがしたいと思った際には、こんな気楽に飲めるお店もいいかもしれない。