「かみつき犬」と呼ばれながら、殺処分を免れた1匹の保護犬の物語。小さな命はどのようにして救われたのか。動物愛護を考える。

割れた耳、かみ癖…「死なせたくなかった」

長野・佐久市のオカリナ奏者、小林洋子さん。手にするのは「しいたけオカリナ」と名付けた特注品。小林さんには、この特別なオカリナの音色にのせて伝えたいメッセージがある。

オカリナ奏者の小林洋子さん
オカリナ奏者の小林洋子さん
この記事の画像(20枚)

佐久市の小林さんの自宅。

小林洋子さん:
手をしばらく出さないでいてもらえれば。においはかぎに行きますけど

小林さんの愛犬「しいたけ太郎」。かわいらしい顔をしているが、接し方には注意が必要だ。

小林洋子さん:
もう今は私がどこ触っても怒らないけど、来たときは触るだけでかまれて

提供写真
提供写真

「しいたけ」は2年前、当時の飼い主が「かみつくから」と群馬県の保健所に持ち込んだ犬だ。
なぜかみつくようになったのか、経緯は不明だ。ただ、長く問題のある飼育環境に置かれていたのは明らかだった。

保護された当時(提供写真)
保護された当時(提供写真)

ドッグリライフ群馬・新井礼子代表:
毛並みがものすごく悪くて、耳もあかぎれでひび割れていた。眉間にしわが寄っているような、怖がりでオドオドしていて…

当時の様子を語るのは、群馬を拠点に活動し、県内の譲渡会にも参加する「ドッグリライフ群馬」の新井礼子さん。
10歳の「老犬」で、さらに心の傷が原因とみられる「かみ癖」。通常の譲渡対象にはならないとみた新井さんたちは、すぐに保健所から引き取った。

ドッグリライフ群馬・新井礼子代表:
(譲渡対象にならない犬は)そこから引き出さない限り、殺処分になってしまう。死なせたくなかった

人と暮らすための訓練
人と暮らすための訓練

「ドッグリライフ群馬」ブログより:
ふせ、そう、じょうず

早速、トレーナーのもとで人と暮らすための訓練が始まった。
毛の色にちなんで「しいたけ」と名づけたのはこの頃だ。「しいたけ」は順調に訓練をこなしたが、心の傷は深く「かみ癖」は完全には消えなかった。

根気よく繰り返し…老犬に穏やかな日々訪れる

それでも半年後、大の犬好きで飼育経験も豊富な小林さんが里親になってくれた。引き取りの打診を2回、断ったという小林さんだったが…

「しいたけ」を引き取った・小林洋子さん:
3回目(の打診)では、訓練している動画を見せられちゃったんですよ。けなげに一生懸命している姿に、留守番が多いかもしれないけど、うちに来たらいいかなと思って

しかし…

「しいたけ」を引き取った・小林洋子さん:
(引き取った)次の日、電話しながら水を替えようと思ったら、ガブッて。もうショックで…どうしてって…

折しもコロナ禍となり、じっくり向き合う時間ができた小林さん。絶対に手をあげず、一つ一つダメなことを教え、うまくできたら褒めることを根気よく繰り返した。

「しいたけ」を引き取った・小林洋子さん:
手をかまれたら、引っ込めるだけじゃなく怒って、もう一度出してかまなくなるところまでやる。手放そうとは1回も思わなかった。これ以上かわいそうな思いさせちゃいけないと。どんな寂しい思いをして、誰からも声かけられず1日が終わって…。その10年分を取り返してあげたいと思って

提供・小林さん
提供・小林さん

家族になって1年半。「しいたけ」にようやく穏やかな日々が訪れている。心の傷は消え去っていないが、強い信頼関係ができた。

ようやく穏やかな日々が…
ようやく穏やかな日々が…

寿命を全うするまで飼ってほしい

そんな中、作ったのが「しいたけ」をモチーフにしたオカリナ。先端の切り込みは、割れた「しいたけ」の耳を模している。

「しいたけ」を引き取った・小林洋子さん:
「しいたけ2」』がいっぱいいるよ(と聞いて)。その子たちを飼ってあげたいけど、自分1人では無理だから、何か支援ができないかと

小林さんは特注で「しいたけオカリナ」を100本作って販売。売り上げの一部を保護団体に寄付している。

「しいたけ」を引き取った・小林洋子さん:
(しいたけオカリナは)もちろん優しい音だけど、しっかりした音が出るように、「しいたけ」の根性みたいに作りました

国営アルプスあづみの公園・9月4日
国営アルプスあづみの公園・9月4日

コロナ禍で減っていた演奏会がようやく増え始め、9月は動物との共生を学ぶ講演会に招かれ演奏した。
音色にのせたのは、これ以上「しいたけ」のような犬を増やさないでというメッセージ。

聴いた人:
感情が高ぶってきます。涙が出てきそう

聴いた人:
映像が浮かびます。平和な光景の映像が…

長野県青木村・9月11日
長野県青木村・9月11日

後を絶たない飼育放棄や多頭飼育崩壊。ペットがどう命を全うするかは飼い主次第だ。

話・ドッグリライフ群馬・新井礼子代表(画像・譲渡会)
話・ドッグリライフ群馬・新井礼子代表(画像・譲渡会)

ドッグリライフ群馬・新井礼子代表:
最近は、高齢者による持ち込みも増え、多頭飼育崩壊も。私たちは「この子は誰のもとに行ったら幸せになる?」といつも考えている。これから犬を飼いたいと思っている人は、必ず最後まで寿命を全うするまで飼ってほしい。自分に万が一のことがあったとき、誰かがこの子をみとれるかということを考えてほしい

「しいたけ」を包み込む笑顔と信頼。小林さんが奏でる澄んだ優しい音色は、救われた小さな命の尊さを多くの人に届けている。

(長野放送)