衆院の安倍元首相の国葬をめぐる閉会中審査で立憲民主党の泉代表が「国葬は、総理と内閣だけで決められるのか。国葬反対の世論が増えている。」と指摘したのに対し、岸田首相は「説明が不十分だったということについては、謙虚に受け止めながら、国民の理解を得るため引き続き丁寧な説明を続けていきたい。」との考えを示した。

また、泉代表が、「統一教会と自民党との関係を考えた時に安倍元首相がキーパーソンだったのではないか。」と質問したのに対し、岸田首相は「ご本人の当時の様々な情勢における判断に基づくもの、亡くなられたこの時点において実態を十分に把握することには限界がある。」とした。