山岳ランナーの挑戦。長野・大町市出身の上田瑠偉選手が7月、ギネス世界記録に挑戦した。挑んだのは、富士山を1日で4回登頂する最速タイムだ。果たして結果は?

魅力は「獣になったような疾走感…」

早朝の富士山5合目。緊張した面持ちでスタートを待つのは、大町市出身のプロ山岳ランナー・上田瑠偉選手(28)。この日、富士山で限界に挑んだ。

この記事の画像(5枚)

上田選手は、山岳など整地されていないコースを走るトレイルランニングの世界的ランナー。

山岳ランナー・上田瑠偉選手(2019年取材):
一番は景色ですね、山の山頂から見下ろす絶景だったりとか、獣になったような疾走感を感じながら走るというのが競技の魅力かなと

佐久長聖高校では駅伝部だったが、大学でトレイルランニングを始め、頭角を現す。これまで、世界大会でアジア人で初めて優勝を果たすなど、活躍を続けている。
地元・大町市では、家族と一緒に子ども向けの大会を開催するなど、競技の魅力発信にも努めている。

富士山を4ルート連続登頂 目標タイムは10時間台

その上田選手が、富士山でギネス世界記録に挑んだ。5合目の富士宮口をスタートし、4つの登山口と山頂をつないだ「一筆書き」のルートを走って、4回登頂するチャレンジだ。

他のランナーが出した参考記録は11時間53分44秒。上田選手は、それを1時間以上も縮める10時間台でのゴールを目指していた。

短い休憩を取りつつ・・・

山岳ランナー・上田瑠偉選手:
行ってきます

提供・Red Bull Media House
提供・Red Bull Media House

総距離は57.06キロ、累積の標高は6772メートル。安定しない足場、低酸素など過酷な状況の中、上田選手はアップダウンを繰り返す。

「最後、ファイト」

そして、午後2時過ぎにゴール地点の富士宮口に上田選手の姿が見えた。

山岳ランナー・上田瑠偉選手:
ありがとうございました

記録は、目標の10時間台を切る9時間55分41秒。上田選手は、涙を浮かべながらレースを振り返った。

提供・Red Bull Media House
提供・Red Bull Media House

山岳ランナー・上田瑠偉選手:
8合目以降が本当につらくて、腰だったりとか…4回も登っているので内臓も低酸素の中でダメージがきていて…最後はギリギリでしたけど、自分の目標を上回ることができて達成感があります

ゴールから1時間後…

ギネス認定員:
それでは、審査結果を発表します。富士山全登山ルートを走破した最速タイムは…9時間55分41秒で、ギネス世界記録認定です。おめでとうございます!

今回の記録を勢いに変え、9月からヨーロッパを転戦する上田選手。今回の挑戦を通して、山岳ランの楽しさを多くの人に知ってほしいと話している。

山岳ランナー・上田瑠偉選手:
景色のきれいさや、下りの疾走感だったり、アスファルトのランニングにはない楽しみがあるので、そういったものを感じてもらえたら

(長野放送)