8月のインターハイに3連覇を目指して出場する香川県善通寺市の尽誠学園高校、男子ソフトテニス部。全国でも注目されるチームを取材した。

U-17日本代表の選手が5人 全国3冠にも意気込み

歓声と手拍子が響く、ネット越しの熱い戦いが魅力のソフトテニス。

男子の尽誠学園は6月の香川県高校総体、四国高校総体で優勝。8月のインターハイに3連覇を懸けて出場する。

この記事の画像(16枚)

チームは2022年3月、全日本高校選抜で10年ぶりに全国の頂点に立った。男子ソフトテニス部の創部は1890年。これまでに団体戦で全日本高校選抜で3回、インターハイで4回、全国制覇を成し遂げた強豪校だ。

就任8年目の監督の指導にも熱が入る。

森博朗監督:
1本目意識してやって。その1本リアルや

部員数は33人で9割が県外出身。ほとんどの選手が寮生活を送りながら、厳しい練習を重ねている。

強さの秘密、その1は「タレントぞろい」。チームにはU-17日本代表の選手が5人、個性豊かなメンバーがそろっている。1年生の坂口生磨選手は中学時代、全国2位を経験。日本一になりたくて尽誠学園の門を叩いた。

1年・豊田祐冴選手:
さあ、いこう!

豊田祐冴選手は、柔らかい動きでセンスが光る天真爛漫な1年生。2年生で唯一代表入りしている野本凌生選手は、読みが鋭い頭脳派だ。3年生の宮田智友選手はポテンシャルが高く、スピーディな仕掛けが得意で努力家。中でも注目は…。

3年・黒坂卓矢主将:
ブラボー

エースでキャプテンの黒坂卓矢選手。抜群のセンスを誇るオールラウンダーで、全国でも注目されている選手だ。

森博朗監督:
(全国で)この世代のトップ。去年から中心となって活躍している。試合の中での勝負勘は、本当に良いものを持っている。試合の中で入りこんだパフォーマンスは、見る人をひきつける。注目度がある中でのインターハイになるので、非常に楽しみ

3年・黒坂卓矢主将:
この世代で結構やってきた自信はある。3連覇もそうだが、全国3冠も目標。どっちもとれたら本当にうれしい

強力で変幻自在 サーブのレシーブに挑戦

強さの秘密、その2は「変幻自在のサーブ」。上から打ち下ろす力強いファーストサーブのスピードは、時速約140kmと破壊力がある。

一方で、縦や横に回転をかけて変化させるカットサーブ。

カメラマン:
おお~すげー

この変幻自在のサーブも尽誠学園の武器の1つ。

森博朗監督:
あれがカットサーブ。岸下さんちょっとレシーブしてみて

岸下恵介アナウンサー:
いやいやいや!

岸下アナウンサーがカットサーブのレシーブに挑戦するも…空振りしてしまった。

岸下恵介アナウンサー:
何という回転。速い!回転が見える

空振りに盛り上がる尽誠学園の選手たち。さらにもう1回、岸下アナウンサーがカットサーブのレシーブに挑戦。すると、奇跡的に成功した。

岸下恵介アナウンサー:
当てるので精一杯。本当にすごい

「個人も団体も勝つ」短所を補う注目ペア

強さの秘密、その3は「一番負けないコンビ」。

3年生の前衛、上田泰大選手と後衛のサウスポー、岩田晧平選手のペアは、個人戦ダブルスで県総体、四国総体で尽誠学園同士の対決を制し、いま一番勢いがある。

森博朗監督:
ペアの長所が出やすい。短所を補うようなコンビネーション。ソフトテニスの魅力を体現しているペア

3年・上田泰大選手:
コロナ禍での四国開催、多くの人に元気を与えられたら

岩田選手は、6月下旬に北海道で開かれた全国大会「ハイスクールジャパンカップ」のシングルス決勝で、2021年に優勝したキャプテンの黒坂選手を破り、全国制覇を果たした。

3年・岩田晧平選手:
今まで優勝した以上に自信になった。個人も団体も全部勝って、2冠できるように頑張りたい

四国インターハイ、ソフトテニス男子は8月に愛媛県で開幕。全国制覇を懸けた挑戦が始まる。

尽誠学園の選手たち:
インターハイ、3連覇するぞ!おー!

(岡山放送)