きょう午前6時ごろ、東京・港区東麻布で、乗用車が、歩道に突っ込む事故があった。現場では、街路樹や交通標識がなぎ倒されていて、車は大破。通行人は巻き込まれておらず、これまでにケガ人などは確認されていない。

警察官が、現場に駆けつけたところ、運転手は、すでに立ち去っていたとのこと。運転手の性別などは分かっていない。事故を起こした車は、外国製の高級車「マセラティ」で、盗難車だった可能性があるという。警視庁が、運転手の行方を捜している。

現場は、麻布十番商店街や東京タワーにも近く、大使館などが立ち並ぶ、都内の一等地。

この記事の画像(16枚)
現場では、外国製の高級車が、歩道に突っ込み大破していた(午前8時ごろ 東京・港区)
現場では、外国製の高級車が、歩道に突っ込み大破していた(午前8時ごろ 東京・港区)
記事 1237 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。