この記事の画像(11枚)

名古屋市の繁華街近くに出店したスーパーが大賑わいだ。その人気を支えているのは、立地をものともしないコスパの良さ。そこには、狭い店舗で商品を減らすなど、ターゲットを絞り込む深い戦略があった。

売り場ごとの担当者が仕入れ、安さを実現

名古屋の都心の繁華街、錦から7分ほど歩いた場所に6月3日、スーパーの「タチヤ」がオープンした。

人が店にどんどん吸い込まれていく…。この日は愛知県産のイチゴが1パック322円で、国産牛焼肉は100グラム398円。繁華街の近くという立地にもかかわらず、意外なコスパの高さ。これなら賑わいの理由も分かる。

名古屋・錦にスーパーをオープンした理由は?

タチヤ本部の担当者:
こういった都心部でやりたいという思いと、(地主から)今回いただいたお話の条件が合いまして出店となりました

地主の誘致があり、思惑一致というシンプルな理由だが、タチヤにはもう一つの狙いがあった。

お客A:
この辺りはスーパーがなかったので、すごく助かっています

お客B:
ちょっと不便だったので、近くで嬉しいです

お客C:
安いのがいっぱいあって良さそうです

都心過ぎるがゆえにお店がなく、食品が買えない「買い物難民」が実は多く、タチヤはこの人たちを取り込もうと考えたのだ。

タチヤのウリは「コスパの良さ」。

一般的なスーパーは店長がまとめて仕入れを行うが、タチヤでは野菜や肉など売り場ごとに担当者がいて、それぞれが市場へ出向いて仕入れや価格交渉を行うことで、安く提供している。

しかし、都心のためテナント料がかさむ。そこで錦の新店舗では、さらなる工夫がされている。

タチヤ本部の担当者:
自分たちの強みである生鮮食品に力を入れて、思い切ってグロッサリー関係(レトルト食品)や調味料関係を一切置かない選択をいたしました

売場は従来の半分の100平方メートルほどで、通常は平らに陳列していたものを、2段に積み上げて売場を確保したり、生鮮食品を約1000種類にしぼったりと、狭いお店を最大限活用している。

また、駐車場もコスパのためにカット。色々な苦心の末、都心への出店を果たした。

タチヤ本部の担当者:
新鮮でお値打ちなものを売る、そして地域密着。それを頑なに貫く。呼ばれればその地で頑張りたいと思っております

(東海テレビ)

記事 2137 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。