神尾楓珠(23)さん、福本莉子(21)さん、「Aぇ! group/関西ジャニーズJr.」のメンバー・佐野晶哉(20)さんが、映画「20歳のソウル」の公開前夜祭に登壇した。

めざまし独占インタビューでは、映画の題材となった「市船soul」にまつわる質問に3人が回答。福本さんの衝撃的な柔軟性が明らかに…?

音楽に捧げた人生 感動の実話が遂に映画化

映画「20歳のソウル」は、千葉県船橋市立船橋高校で受け継がれている、勝利へ導く応援曲「市船soul」を在学中に生み出し、20歳で亡くなった浅野大義さんと仲間たちの絆を描いた実話。

「20歳のソウル」きょう公開 配給:日活 (C)2022「20歳のソウル」製作委員会
この記事の画像(10枚)

主演の神尾さん、福本さん、佐野さんに「市船soul」にちなんだ質問をぶつけてみた。

小山内鈴奈アナウンサー:
皆さんにとっての「市船soul」のような存在の曲はありますか?

神尾楓珠:
ONE OK ROCKの「キミシダイ列車」。『「もういいや このまま死んだって」…って思うほどバカに生きてるから』という歌詞があって、それを聴くと奮い立たされます

小山内鈴奈アナウンサー:
それはどういうときに聴くんですか?

神尾楓珠:
落ち込んだときとか、仕事頑張りたいけど、ちょっとしんどいなってときに聴くと…

あまりに深刻そうな回答に「リアル!リアル!」と福本さんが思わずツッコミ。

福本莉子:
私はたまに合唱曲を聴くんですよ。めちゃくちゃいいこと言ってません?(聴くと)元気になります

これには神尾さんも「そう!歌詞めっちゃいい!」と激しく同意。

福本莉子は「褒められると伸びる」タイプ

小山内鈴奈アナウンサー:
「20歳のソウル」にちなみまして、ソウルを込めて取り組んでいることはありますか?

福本莉子:
体を動かすのにハマってます。ジムとかピラティスとか、寝る前にストレッチしてます。今まで体がバリカタすぎて…

神尾楓珠:
ラーメンみたいに言わないで(笑)
成果は出てるんですか?

福本莉子:
成果出てる!それが。(膝のあたりまで手を伸ばしながら)前までこんぐらいだった

柔軟性の一切ない前屈に「前がひどすぎません?」と大爆笑の佐野さん。

福本莉子:
前はこんなん(膝まで)だったんだけど、それが初動で下までつくようになった。ピラティスの先生とかにもすごくほめてもらって。ほめられると伸びるタイプなので(笑)

小山内鈴奈アナウンサー:
佐野さんは?

佐野晶哉:
作曲ですかね。大学で作曲科に通ってて、グループの曲をつくらせてもらったりとかするので

福本莉子:
全然レベルが違う。(前屈をしながら)こんなんがこんなんなったって…。全然違う

あまりに大きなスケールの話に、思わず神尾さんも「すごっ…」と呟いていた。

「なにわ男子」の先輩にもらったドラムスティックを…

現在に至るまで脈々と受け継がれている「市船soul」。3人にも、先輩から受け継いだものはあるのだろうか。

「20歳のソウル」きょう公開 配給:日活 (C)2022「20歳のソウル」製作委員会

「Aぇ! group」の一員としてジャニーズ事務所に所属する佐野さんに、同じくジャニーズ事務所の先輩である「なにわ男子」の大橋和也(24)さんが、めざましテレビのスタジオにいることを伝えると…。

佐野晶哉:
(大橋さんが)5年前くらいに舞台でドラムをたたいてはって、ドラムを叩きすぎて、スティックが折れちゃったんですけど、そのスティックをいただいてます。先輩が舞台で使ったものを大事に置いていたんですけど、2カ月前くらいに部屋を掃除したときに捨てちゃいました(笑)

これには先輩・大橋さんも、スタジオから「なんでやねん!!」と本気ツッコミ。

神尾楓珠:
ここでそれ言う?(笑)

福本莉子:
絶対内緒にしてたほうがよかったよ…

共演者に心配されるも「いつかバレるから(笑)」と笑顔で話す佐野さん。悲しい告白でも、先輩との仲の良さが感じられるエピソードだった。

(「めざましテレビ」5月27日放送分より)

めざましテレビ
めざましテレビ
メディア
記事 2166