愛知県豊橋市の名物は、戦国時代に築城された吉田城の櫓を復元した「鉄櫓」と、ソウルフードでもあるご当地グルメ「カレーうどん」だ。

最上階から望む美しい景色 城めぐりの後は

この記事の画像(10枚)

愛知県豊橋市今橋町にある豊橋公園の中に、戦国時代に築城された吉田城の櫓を復元した「鉄櫓(くろがねやぐら)」がある。

この復元された鉄櫓の最上階からは、一級河川の豊川を望むことができる。

豊川のほとりに建つ鉄櫓は、多くの市民に親しまれている。

そんな城めぐりの後の腹ごしらえにオススメなのが、ご当地グルメの「豊橋カレーうどん」だ。カレーうどんと”とろろご飯”が一度に楽しめる。

愛知県豊橋市で創業100年を超える、うどんとそばの店「勢川本店」。

この店の看板メニューは、ご当地グルメの「豊橋カレーうどん」(880円)。

豊橋カレーうどんの条件は、麺が自家製麺であること、豊橋産のうずら卵を具に使用すること、器の底からごはん・とろろ・カレーうどんの順に盛ることの3つ。

うどんを食べ進めると、その下から“とろろ”がかかったご飯が現れ、カレーと絡めて二度目の味が楽しめる。

街のソウルフード、ぜひ試してみてほしい。

(東海テレビ)

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 2103