安倍晋三元首相は21日夜、東京都内で開かれたシンポジウムで、ロシアのプーチン大統領を「力の信奉者」とした上で、「織田信長に人権が通用しないのと同じだ」と述べた。

安倍元首相は、ロシアのウクライナ侵攻について、「プーチン大統領が長い間独裁政権を確立し、情報の分析が的確に行われない中、間違った判断をした結果だ」と分析した。

さらに、ロシアが戦線を拡大している状況に、「多くの人は、東部2州だけを限定的に攻めるのではないかとみていたが、おそらく冷静な判断ができなくなってきていると思う」と述べた。

そして、安倍元首相は、「プーチン大統領は基本的に力の信奉者。戦国時代の武将みたいなものだ」と指摘。「織田信長に人権を守れと言っても、全然通用しないのと同じと思っていただいていい」と述べた。

記事 1701 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。