広島カープや読売ジャイアンツで活躍した鳥取市出身の元プロ野球選手・川口和久さん。
2021年10月、生活の拠点を関東から鳥取市に移している。故郷・鳥取でどうしてもやりたい2つのこととは。川口さん第3の人生を取材した。

「鳥取県からプロ野球選手を輩出したい」

鳥取市の野球場。白いジャケット姿で颯爽と現れたのが…

川口和久さん:
松江から?ご苦労さん。あははは

川口和久さん(62)。広島カープや読売ジャイアンツで投手として活躍した元プロ野球選手だ。

この記事の画像(25枚)

この日は、鳥取市の軟式少年野球大会にゲストとして参加。始球式では、現役時代を彷彿とさせる投球フォームを披露した。

鳥取市生まれの川口さんは鳥取城北高校を卒業後、社会人野球を経て広島カープに入団。球威のある速球を武器に、通算139勝を挙げた。1998年に現役を引退、その後は解説者やコーチとして野球に携わってきた。

現役時代の川口さん
現役時代の川口さん

2021年10月、鳥取で暮らしていた母の死を機に、生活の拠点を関東から鳥取市に。実は2つの夢を抱いてUターンした。その1つが…

川口和久さん:
プロになるためのノウハウを、少しでも子どもたちに入れてあげられたら早くプロになれる。一日一度でいいから野球のことを思い出せるコンセプトで、場所探しをしている

鳥取県からプロ野球選手を輩出したい。誰でも気軽に参加できる野球教室開設を目指している。この日も試合の合間を縫って、子どもたちに熱血指導。

川口和久さん:
郷土で子どもたちを教えたいというのが、まずあります

もう1つの夢は、経験ゼロの米作り

インタビューで野球への情熱を語り終えると…

川口和久さん:
これから田んぼに行きますんで!行きますよ、行きましょう。こういうつながりの方が(テレビ的に)いいでしょ

ユーモアたっぷりの川口さん
ユーモアたっぷりの川口さん

こう言いながら球場をあとにした川口さん。野球指導で子どもたちに向けていた熱い視線が、次に向けられたのは「農機具」!

川口和久さん:
ここでいつもクラスメイトと野球をしていた。僕の汗がいっぱい落ちていると思いますよ

実家の吉岡温泉近くの休耕田を借り、兄・秀明さんとともに米作りを始めた。
これがもう1つの夢だ。

川口和久さん:
鳥取の星空舞というお米を植えてみようと思いますんで

できたお米はジャイアンツの原監督などお世話になった人に贈り、県産米をPRする予定。

しかし、農業の経験はゼロ。

川口和久さん:
まっすぐは難しいねえ

田起こしも一苦労。

川口和久さん:
まっすぐ走るっていうのは、すごくむずかしいですね

(Q.まっすぐっていうと、現役時代まっすぐが得意だったが?)
川口和久さん:

投げるのはまっすぐしか投げられない。カーブしたらダメ。とにかくまっすぐ行って、まっすぐ帰ってくる

鳥取での新たな生活に充実した表情だ。

第3の人生「鳥取のために何かしたい」

鳥取県も川口さんのUターンに目をつけ、2021年1月、移住促進とスポーツ振興を目的に新たに設けた「とっとりへウェルカニスポーツ総合アンバサダー」に任命した。鳥取の広報大使としての役目を担う。

川口さんは、東京での野球解説の仕事を月5回程度続けるほか、野球コラムの執筆も鳥取で可能なため、仕事上の制約をほとんど受けず、移住を決断できたという。

川口和久さん:
第3の人生になると思うので、鳥取に帰って鳥取のために何かしたいというのはいろいろ考えています

厳しいプロの世界で活躍し、引退後の第2の人生では解説やコーチとして野球に携わり、そして、これからは鳥取で野球選手とお米を育てようとしている。

川口さん第3の人生…ふるさと・鳥取でプレーボールを迎えている。

(TSKさんいん中央テレビ)