日本の漫画界をリードしてきた“巨匠”がまた一人旅立ちました。

この記事の画像(15枚)

「忍者ハットリくん」「 怪物くん」など数々の人気作品を手がけた、藤子不二雄Ⓐさん、本名・安孫子素雄さんが4月7日、自宅で亡くなったことがわかりました。88歳でした。

藤子不二雄Ⓐさん:(2008年)
僕らは、手塚先生の漫画を読んで漫画家を目指そうってきたわけです

「漫画界のレジェンド」手塚治虫さんから影響を受け、漫画家への道を志した藤子さん。1934年、富山県で生まれ、 1951年、高校生の時に漫画家デビューを果たしました。

その後、小学時代の同級生「藤子· F・不二雄さん」 とともに 1954年に上京。藤子不二雄の共同ペンネームで大ヒット作品『オバケのQ太郎』を世に送り出しました。

藤子不二雄Ⓐさん:
僕は、藤本氏(藤子· F・不二雄氏)に出会わなかったら、絶対に漫画家になってなかったですし。2人が出会ったことが、ボクらにとっては運命の出会いで、それが自分の人生を決めたと思うんですね

ただ藤子不二雄Ⓐさんは、少年向けの作品を書き続けることに“葛藤”があったことを明かしています。

藤子不二雄Ⓐさん:(2018年)
27~8歳になると、まだ忍者ハットリくんとか描いてたんですけど、だんだんそういうものを描くのが苦痛になってきたんですよ。このままいくと、僕は、藤本氏(藤子· F·不二雄氏)のマネジャーになるしかないかなって悩んだ時期があったんですけど。描いたのが「笑ゥせぇるすまん」の前身の「黒イせぇるすまん」 っていうのを描いて、あっ、この方向なら俺はいけるなと思ってガラッと(作品が)変わったんですよ

こうして誕生したのが、大人も楽しめる、ブラックユーモアたっぷりの作品、「笑ゥせぇるすまん」でした。

ふるさとの富山・氷見市には、“おなじみ”のポーズをとる喪黒福造のキャラクター像が立っています。

その他、街のあちらこちらに、ハットリくんなどの人気キャラクターがたたずんでいます。

藤子さんの地元の住民:
面白い部分もあるし、人間の心理をついた部分も描いたりするので、裏表がはっきりしているものもありましたね。マンガを読んでたら

テレビアニメや映画を通じて、世代をこえて愛され続けている藤子さんの作品。

ファンは「ショック。まんが道という漫画で、トキワ荘の物語を描いた漫画なんですけども、良い作品を作ってくれて、ありがとうと言いたいです」

マンガ文化のど真ん中を歩み続けた88年。そのバトンを次の世代に託し、藤子さんは旅立ちました。

藤子不二雄Ⓐさん:
僕なんか、もはやリタイア寸前なんですけれども、若い漫画家の方がすごい力をもってきてるんで、これからも、ますます50年60年70年100年と(漫画が)続くと思います。

(「イット!」4月7日放送より)

記事 1808 イット!

知りたかったことが分かれば、きっと明日が楽しくなる。
知らなかったことが分かれば、きっと誰かに話したくなる。
「明日も頑張ろう」と思えるそのささやかな力になれればと今日もニュースをお届けします。
フジテレビ報道局が制作する夕方のニュース番組。毎週・月曜〜金曜日午後3時45分より放送中。加藤綾子と榎並大二郎が最新ニュースを丁寧にお伝えします。