この記事の画像(19枚)

愛知県東海市に、イイダコが一匹丸々入った豪快なたこ焼きで人気の店がある。この店は、2020年11月にダンススタジオを営む一家がオープンさせた。まるでタコが踊っているようなこの“ダンシングたこ焼き”は、遠方からも客が訪れるほどの人気となっている。

生地からはみ出すほど…舌も心も踊るたこ焼き

愛知県東海市の東海市役所から車で5分の所に、人気のたこ焼き店「ダンシングタコ大ちゃん」はある。この店のたこ焼きは、味はもちろん見た目のインパクトが特徴。

男性客A:
見た目ビックリですよね

男性客B:
タコが一個、丸々入っているのでおいしい

看板メニューは、イイダコを丸ごと使った「イイダコ焼き」(5個750円)。

たこ焼きは店主の大迫ダイスケさんが、踊っているタコをイメージして焼いている。舌も心も踊る“ダンシングたこ焼き”だ。

ソースは一切なし 甘辛く煮込んだイイダコを豪快に

午前11時半の開店を前に、店ではダイスケさんが生地の準備を始めていた。

店主・大迫ダイスケさん:
和風だし。あと魚粉が入っています。生地には自信があります。どこの生地にも負けないくらいおいしい

開店と同時にお客さんがやってきた。オープンして1年と3カ月だが、すでに人気店となっていた。

男性客C:
豊田から来ました。流行りのたこ焼きと聞いて

女性客A:
インスタで知って来ました

注文が入ってから焼き始めるたこ焼きは、和風だしがたっぷりと入った生地に天かすとネギ、そして醤油などで甘辛く煮込んだイイダコを丸ごと豪快に投入。タコの身が大きいため生地には全部入りきらない。焼き方にも他の店とは違う工夫があった。

店主・大迫ダイスケさん:
半分だけ焼くイメージで、全部をひっくり返さない。ソースは一切かけていない。タコの煮汁が混ざっておいしくなります

生地を回しながらカリっと焼き上げた「イイダコ焼き」。柔らかいタコは味がしっかりしていて食べ応え十分で、生地のふわトロ感がたまらない。

昔からの家庭の味 「イイダコ焼き」が生まれたきっかけ

お店にはイートインスペースもあり、焼きたてを楽しむことができる。

女性客B:
毎週食べています。タコ食べるのが楽しみで。生地のだしがすごく独特で、おいしい

男性客D:
タコ出とるやんって、見た目通りの。タコがそのまま一匹入るのですごくいい

一人で1万4500円分、20人前を注文する男性もいた。

男性客E:
友達に配るやつとか、身内で(食べます)。イイダコの好きな人は大好きで食べられます

午後になると、さらに人が増えてきた。息子の慧(けい)さんが注文を取り、ダイスケさんが手際よく焼き、お母さんの直美さんが出来上がりを運ぶという、自慢のチームワークが発揮される。

しかし、なぜイイダコを丸ごと使ったたこ焼きを考えついたのか。

息子・大迫慧さん:
小さい頃、スーパーでイイダコを買って焼いて食べていた。その時はイイダコ焼きって言っていなかったけど。「でっかいタコのやつ」みたいな

妻・大迫直美さん:
私はイイダコを入れて、これがたこ焼きだと思っていました

大迫家ではこの“イイダコ焼き”が、昔からの家庭の味だった。

ブレイクダンスの「ヘッドスピン」をイメージ

大迫さん一家は、コロナの真っ只中の2020年11月にたこ焼き店を始めた。本業はたこ焼き店ではなく、ダンススタジオの経営だ。

一家が経営する「フローレス ダンススタジオ」には、子供から大人まで約80人が通っている。ダイスケさんは引退したが、妻の直美さんと息子の慧さんは、今もインストラクターとしてダンスを教えている。スタジオ経営の傍ら、たこ焼き店を始めた。

妻・大迫直美さん:
コロナが一番大きい。スタジオイベントができなくなったり、ダンス教室も休止したりして、このままだと厳しいなと…

一家はコロナ禍で一念発起。以前は事務所だったスペースを改装し、たこ焼き店をオープンした。生地や具材など試行錯誤を重ね、大迫家で昔から食べてきたメニューを再現。そのたこ焼きには、ダンス一家ならではのこだわりを込めた。

店主・大迫ダイスケさん:
ブレイクダンスのヘッドスピンのようなイメージ

確かに、生地からはみ出したタコの足がまるでブレイクダンスをしているようだ。

店主・大迫ダイスケさん:
メインはダンスなので、コロナが落ち着いたらイベントをやっていきたい。そこにタコを合わせて、外でイベントやるときに出店するとか。一緒に成長していけたらいい

「イイダコ焼き」には、大迫さん一家のダンスにかける想いが詰まっていた。

(東海テレビ)