スーパーの中や住宅街の一角にたたずむカフェ。愛媛・東温市にある「こんなところに!?」と驚くような、隠れ家的スポットを取材した。

スーパーにカフェ!? フルーツたっぷりのパフェが名物

伊予鉄・横河原駅の近く。ここのスーパーにおしゃれなカフェがあるという。

この記事の画像(14枚)

名護谷希慧アナウンサー:
見た目からは想像がつかないですが…看板も出ています。店内の奥にカフェがありますよ。雰囲気がらっと変わりますね。

スーパーの名残を残しつつ、おしゃれに生まれ変わったカフェ。

大手・大型店の増加で客足が減る中、目利きのオーナーが毎朝、市場から仕入れる新鮮な野菜や果物を味わってほしいと、息子夫婦が店舗の半分を改装して2020年に誕生させた。

こちらの名物はパフェ。たくさんのフルーツにケーキ、なんと焼き芋までのっている。

旬を存分に楽しめるパフェに春限定の味が登場。

名護谷希慧アナウンサー:
美しい!イチゴが真っ赤できれいですね。はみ出てますからね、グラスから

果肉まで赤い、美しさと濃厚な味わいが特長のイチゴ「よつぼし」を主役に、キウイフルーツやリンゴ、甘平と自慢の果物がたっぷり。

自家製の紅茶ゼリーとイチゴアイスをあわせ、最後まで「おいしい!」にこだわりぬいた一品だ。

名護谷希慧アナウンサー:
味が濃い!すごく濃いイチゴです。クリームも甘さ控えめなので、イチゴの味が際立ちます。すごい!どこを食べても果物でおいしい

祖父母の自宅を改装 夢だったカフェをオープン

先ほどのスーパーからほど近く、住宅やお店が立ち並ぶエリアに現れた黄色い看板。

名護谷希慧アナウンサー:
「おひさん」と書いてありますが、どんな場所なんでしょう。カフェなんですね、すごく立派な門が入り口になっています。広い庭に花も咲いています。あの建物でしょうか。カフェ?おうちのように見えますね

やわらかな笑顔で出迎えてくれたのが、カフェのオーナーである松末雄希さん。

名護谷希慧アナウンサー:
外から見た雰囲気とがらりと変わりますね

おひさん 松末雄希さん:
よく言われます。もともと祖父母が住んでいた家で。父が改装をやってくれました

亡くなった祖父母の自宅を改装して、2021年にオープンしたカフェ「おひさん」は、料理好きな雄希さんが「自分の店を持ちたい」という夢をかなえた場所でもある。

おひさん 松末雄希さん:
きょうはサバの竜田揚げの甘酢あんかけです。安くてボリュームのあるものを食べていただきたいので

音楽教室も併設「リラックスできる空間になれば」

さらに隣の部屋では音楽教室をやっていると聞いて、料理を待っている間、のぞかせてもらった。

ブランチレッスン 中村幸枝さん:
これはトーンチャイムっていう、ハンドベルの仲間ですね

名護谷希慧アナウンサー:
丸い響きですね。やわらかい

音楽教室「ブランチレッスン」では、トーンチャイムやピアノ、ウクレレなどが学べて、4歳から80代までさまざまな生徒が通っている。

ブランチレッスン 中村幸枝さん:
今は核家族が多いと思うので、多世代とふれあう時間があったらいいなと思って

名護谷希慧アナウンサー:
目の前にある絵が気になったのですが…。すごいですね

ブランチレッスン 中村幸枝さん:
富久千愛里さんという作家さんが松山にいらっしゃるんですが、「とうおんアートストリート」ってイベントで3日間かけて描いてくれて。部屋の空間のイメージで、お母さん方が支えあっていて、子どもたちがふわふわしている

トーンチャイムを少しだけ習って、「おひさん」に戻るとランチができあがり。

メインの魚料理は、サバの竜田揚げ甘酢あんかけ。グラタンや白菜のおひたし、大根の煮物など、品数も豊富で満足感のあるランチだ。

名護谷希慧アナウンサー:
おいしい。サバがふっくらしています。甘酢のあんがしっかり絡んでいるので、ごはんが進む味ですね

おひさん 松末雄希さん:
甘酢にちょっとケチャップを入れて洋風にして。日によって甘酢も変えてみたりしてるんですよ。祖父母が住んでた家でやるんで、天国で祖父母が見てくれてたらいいなと思いながら。リラックスしていられる空間にしていきたいです

お店の名前である「おひさん」そのままの、あたたかい空間が広がっている。

(テレビ愛媛)

テレビ愛媛
テレビ愛媛

愛媛の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

メディア
記事 340