新生活が始まるこの春、通勤や通学の際に「良い自転車があったらなぁ」と思うことも多くなるはず。
そんな方たちに向けた、新機能のたっぷり詰まった自転車たちをご紹介。

この春からおすすめの最新自転車を紹介

訪ねたのは、宮崎市のイオンモール宮崎にある、幅広い品ぞろえが特長の自転車専門店「イオンバイク宮崎店」。

この記事の画像(14枚)

イオンバイク宮崎店 古賀啓輔店長:
新生活準備ということで、1年間で一番需要が高まる時期となっております。新しい商品も続々と入荷しております

軽さが特徴の電動アシスト自転車「ビビ・SL」。一般的な電動アシスト車の約6割の重さで、駐輪や押して歩く際の負担を軽減。サドルが低く、またぎやすいのもポイント。

電動アシスト車なのに19.9kgの「ビビ・SL」

さらに電動ではなく、装着することでこぐ力をアシストしてくれるギアなど、新たな商品が並ぶ。

通学用自転車も進化している。カラフルでとってもおしゃれな自転車が並ぶ中、トレンドはつやを抑えたスモーキーカラー。黒や白、カーキなどが人気だという。

トレンドのカーキ色自転車「hygge(ヒュッゲ)」

自転車選びはここがポイント

機能も多様化していろいろな種類があるが、おすすめするポイントをいくつかご紹介。

まずはブレーキ。ブレーキにもいろいろ種類があるが、おすすめはローラーブレーキ。雨の日でも制動性が落ちず、「ギーギー」という音鳴りもしにくいブレーキとなっている。

次は変速機能がついているか。変速機能がついていると、坂道などを楽に走ることができる。

主に通学車だと3段と6段があり、6段は変速できる幅が広いので細かく切り替えられるが、使い方によってはチェーンが外れてしまうこともあるので注意が必要。

一方、3段は変速機能が内部に格納されているので、チェーンが外れるトラブルが少なく、安心して使うことができる。

ライトは、自動で点灯する「オートライト」がおすすめ。
以前の自転車のように点灯時にペダルが重くなることもなく、快適にこぐことが可能。

後方に向けたテールライトは、点滅するタイプだと目立ちやすくて安心。

テールライトは後方に自分の存在を知らせる事ができる

ほかにも、自転車を傷みから守るカバーや、荷物カバー、レインウエアなど、あると役立つグッズがそろっている。

イオンバイク宮崎店 古賀啓輔店長:
学校によって形など指定がございますので、ご購入前に学校の方に確認してください。また、自転車の保険の加入が義務化となっていますので、保険の方も忘れずに加入してください

命を乗せる自転車。納得の1台を選んで、快適な新生活を!

※商品の価格は放送時の価格のため、変動することもあります。

(テレビ宮崎)

テレビ宮崎
テレビ宮崎
記事 256