手土産に人気のバウムクーヘン「治一郎」をグループ会社に持つヤタロー。その工場直売店を訪れてみると、バウムクーヘンだけでなく多くの商品が売られていた。

しかも激安価格のオンパレード。今しか味わえない幻の食材も発見した。

(左)北村花絵アナウンサー (右)ヤタロー工場直売店・SNS広報担当の佐藤未帆さん
この記事の画像(20枚)

ヤタロー工場直売店があるのは、静岡県浜松市。激安商品を教えてくれるのは、SNSで最新情報やアレンジレシピを発信しているSNS広報担当の佐藤未帆さんだ。

スイーツの“みみ”も激安で販売

ヤタロー工場直売店・佐藤未帆さん:
こちらが当店人気一番の商品の「切り落としバウムクーヘン」です

お値段なんと100gで108円。多い時は1日2000個売れる大人気商品「切り落しバウムクーヘン」。その安さの秘密は?

ヤタロー・佐藤未帆さん:
端っこや商品になれなかったサイズのものが詰まった商品です

北村花絵アナウンサー:
いわゆるワケあり品ですね。でも味も材料も変わらない?

ヤタロー・佐藤未帆さん:
国産の卵をたっぷり使って、飲み物がいらないくらい、しっとり焼き上がった商品です

驚異の安さはバウムクーヘンだけではない。

ヤタロー・佐藤未帆さん:
こちらはロールケーキの“みみ”です

北村花絵アナウンサー:
端の端までクリームびっしり、これは“みみ”じゃない!

北海道産の牛乳をたっぷり使った濃厚なロールケーキ。こちらも100gで108円。1パックに290gとたっぷり入って313円とお買い得。

クルミとあんこのパンに…バターの相性抜群

ヤタローは創業から89年続く、パンメーカーの老舗。店内では「ワケありパン」だけでなく、正規品の焼きたてパンも激安価格で購入できる。

ヤタロー・佐藤未帆さん:
中でも人気なのが「胡桃あんぱん」。カリフォルニアくるみ協会主催、2021年くるみパン・オブ・ザ・イヤーのグランプリを受賞した商品でもあるんです。大粒のクルミを使っています

北村花絵アナウンサー:
あんこがたっぷり。中にもクルミが入っていますね

こちらの胡桃あんぱんは「ワケアリ品」ではなく「正規品」だが、直売店では特別価格で購入可能。直売店価格ということで通常432円が、半額の216円に(4月1日から通常451円、直売店226円)。

ヤタロー・佐藤未帆さん:
工場が敷地内にあるので、運送費がかからないから安く提供できるんです

アレンジレシピを考案している佐藤さんオススメの食べ方がある。

ヤタロー・佐藤未帆さん:
ここにバターを挟んで温めて食べるのがおすすめです。バターがじわっとおいしいです

おすすめの食べ方はバターを挟んで温める

フランスパンが31円 おすすめアレンジは?

さらに破格の店内イチの激安パンがあるそうで…。

ヤタロー・佐藤未帆さん:
当店で一番お安い商品の「フランスパンのみみ」です。パンパンに詰まって31円です。

フランスパンのみみ ぎっしり入って1袋31円

これでもかと詰まった「フランスパンのみみ」は、1袋なんと31円。

北村花絵アナウンサー:
よく見るとみみだけじゃなくて、普通にカットされたフランスパンも入っていますよね?

ヤタロー・佐藤未帆さん:
サイズが小さかったり、大きすぎるものも入っているんです。お客さまの中にはラスクなどにアレンジして召し上がる方もいます

フランスパンのみみで作る 佐藤さんのおすすめアレンジ

佐藤さんとっておきのアレンジは、チキンのトマト煮とグラタンのせ。ちょっとしたおつまみにもなる。

そして、パンのみみは食パンバージョンも。こちらも1袋なんと31円。しかも1本の食パンをカットしているので超ロングサイズ。ピザトーストにするのがおすすめだ。

大きな食パンのみみ ピザにアレンジできる

パン屋だけど野菜も充実 ”幻のタマネギ”も

そして、店内にはパンやスイーツだけでなく野菜も並んでいる。

北村花絵アナウンサー:
野菜も置いているんですね、ここだけ見ると「道の駅」みたいです

ヤタロー・佐藤未帆さん:
毎日、100種類弱の旬の野菜や果物を販売しています

市場や契約農家から仕入れた旬の野菜や果物が、常時100種類。なぜパンの直売店に野菜があるのか?

ヤタロー・佐藤未帆さん:
ヤタローは学校給食やレストランも運営しているので、契約農家もいて。そこから直売店専用に買っている商品もあります

北村花絵アナウンサー:
セロリがこの大きさで198円、エシャレットは128円です。こちらのスイスチャードは、初めて見ました

ヤタロー・佐藤未帆さん:
カラフルですよね。クセもないのでホウレンソウのような、生でも焼いて炒めても食べられる商品です。今の時期しか買えない野菜もあるんです。庄島農園の「ホワイトオニオン」(1袋298円)。浜松市の篠原地区で生産されている、幻のタマネギと言われる商品です

 

浜松の気候をいかした、日本一収穫が早い「ホワイトオニオン」。一般的なものと比べて特徴的な見た目だが、味も格別だ。

ヤタロー・佐藤未帆さん:
肉質がとても柔らかく、みずみずしく、さらに甘いのが特徴です。サラダにそのまま使ってもらえる商品ですが、炒めると甘みが増すのでバターしょう油で炒めるのがおすすめです

バウム×プリン 1日100個限定の新商品

最後に、極上スイーツがコラボレーションしたという人気商品をご紹介。その名も「ばうむプリン」。名前の通り、バウムクーヘンとプリンが合体した。

ばうむプリン 1日100個限定で198円

2021年10月に発売された「ばうむプリン」だが、使用されているのは「治一郎」と並ぶ看板商品「きみのまま」という、卵をたっぷり使ったバウムクーヘンだ。

これに企業秘密の魔法のミツを染みこませているので、プリンとの一体感が出ている。その分、プリンは甘さ控えめで、口当たり滑らかに仕上げられている。

プリンとバウムクーヘンのコラボレーションは絶品

直売所では1日100個限定で198円と激安(4月1日から通常300円、直売店218円)。簡単な組み合わせで、こんなにおいしくなるのかと驚くはず。

ヤタローの直売所は浜松市1カ所だけだが、バウムクーヘンだけではない発見ができること間違いなし。一度足を伸ばせば、直売店だからこそ提供できる激安商品に出会えるだろう。

(テレビ静岡)

テレビ静岡
テレビ静岡
メディア
記事 518