宮崎・日南市南郷町では「カワヅザクラ」が花を咲かせている。日向灘のブルーと花のピンクとのコントラストが、南国らしい春の訪れを告げている。

阪神淡路大震災の復興を祈って

標高約120メートルの高台にある日南市の南郷城跡。約50本のカワヅザクラが植えられていて、1月中旬から花を咲かせ始めた。

この記事の画像(6枚)

この桜は20年前に阪神淡路大震災の復興を祈り、地元の町おこしグループが植樹したもの。カワヅザクラは早咲きの桜で、花の色が濃く、咲いている期間が長いのが特徴。

春の訪れを告げるカワヅザクラ

ここでは、日向灘を一望できる美しい風景とカワヅザクラを楽しむことができる。

地元住民:
とってもキレイです!ここに来てびっくりしました。こんなに咲いているとは

南郷城整備プロジェクト代表・二瓶宇央さん:
海の青と空の青が、カワヅザクラのピンクとよく合うんですよね

カワヅザクラを楽しんでほしいと語る二瓶宇央さん

南郷城整備プロジェクト代表・二瓶宇央さん:
テレビなどの画面を通してカワヅザクラを楽しんでいただいて、お家でゆっくりと花見をされてはどうかなと思います

南郷城跡のカワヅザクラは、2月下旬まで楽しめるという。

(テレビ宮崎)

テレビ宮崎
テレビ宮崎

宮崎の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 267