果たして落札者は現れるのか? また落札金額は?

この記事の画像(6枚)

名古屋国税局は、密輸の摘発で押収した18億円相当の「金」を売却する。

ずらりと並べられた大量の「金」のインゴット。その総重量は約244キロ。時価18億円相当になるが、実は全て密輸入の摘発で名古屋税関が押収した金だ。

下着や服の中や、飛行機のトイレの中に隠された延べ棒の金。

密輸が発覚した際の手口は多岐にわたり、仏像として持ち込まれた物も…。

名古屋税関は、2016年からの約2年間で押収した金のうち、持ち主から還付の請求がなかった金を売却すると発表し、2月3日から入札が始まった。

入札にかける金は一度溶かしてインゴットにしたもので、落札できるのは1人だけ。時価約18億円をまとめて落札することになる。

名古屋税関の総務部長:
不正に税金を脱税しようとした者から押収したものを、きちんと国の国費にしっかり入れて国民のために使う

入札の申し込み期限は2月24日までで、売上は全て国庫に入る。

※画像は名古屋税関提供

(東海テレビ)