東京都の新規感染者数が2日に初めて2万人を超えるなか、政府は、東京や愛知など、13の都県に出しているまん延防止等重点措置について、13日までの期限を延長する方向で検討に入った。

政府関係者は、東京都などで、感染者数の増加や、高止まりが続いていることから、「今の状況では、13日に期限を迎える13都県の重点措置を解除するのは厳しい」と指摘している。

政府は、今後の感染状況や病床使用率の推移などを見極めたうえで、来週、自治体の意向も踏まえて延長するかどうかを最終判断するが、延長する場合、27日までとする案が浮上している。