サントリーが、缶のジンを発売する。

世界的にジンブームとなる中、国内でも、2021年の酒類市場でジンカテゴリーの売上げが最も伸びるなど注目が集まっている。

こうした中、サントリースピリッツは国産ジンの「翠ジンソーダ缶」の販売を3月22日から始めると発表した。

伝統的な8種類の素材に加え、ゆずや緑茶、生姜の3種類の和の素材を使用し、爽やかな味わいに仕上げたということだ。

瓶製品から缶にすることで手に取りやすくなることから新たな客層を取り込みたい考えで2024年に国産ジンの売上高100億円を目指す。

この記事の画像(4枚)
経済部
経済部
記事 382