飲食店経営者の密着取材。2021年末、長野市の善光寺門前にパン店とカフェがオープンした。実は「ここが勝負どころ」と飲食店グループを率いる男性が同時に出した店だ。コロナ禍の苦悩と挑戦を追った。

「蔵」と「カフェ」…善光寺門前に2つの店をオープン

信州門前ベーカリー蔵(長野市)
信州門前ベーカリー蔵(長野市)
この記事の画像(24枚)

焼き立てのパンが並ぶ店内。こちらは善光寺門前にオープンした「信州門前ベーカリー蔵」。明治時代からある麻蔵を、パン店にリノベーションした。

cafe winds daimon(長野市)
cafe winds daimon(長野市)

そこから少し参道を下った場所にあるのが、「cafe winds daimon(カフェ ウインズ ダイモン)」。モーニングの時間は、パンをビュッフェ形式で味わえる。

客:
新しいお店できてるって思って調べたら、いいなって思って。すごいおしゃれで、木の感じとかもすてきだなって

2つの店は2021年末、ほぼ同時にオープンした。手がけたのは飲食店グループの代表・田中正之さん(63)。コロナで苦境が続く中、「勝負」に出た。

飲食店グループ代表・田中正之さん:
何もやらなかったらそこで終わり、止まっちゃう。常に前向きに、少しずつ少しずつ行ける所まで行くのが大事

36年にわたり長野駅前の飲食店を営業

JR長野駅前(1月14日)
JR長野駅前(1月14日)

1月14日金曜の夜。雪は止んだが、長野駅前の人影はまばらだ。
駅前のビルの地下に、田中さんが今もマスターを務める店がある。「ウインズ」長野店だ。

ウインズ長野店
ウインズ長野店

常連客:
お願いします

田中正之さん:
はい、おまちどうさん

オープンして36年。この日も常連客が足を運んでいた。

常連客:
週に1回くらいは会社の帰りに来ている。
(Q.マスターといつもどんな話を?)
仕事の愚痴ですかね(笑)

いつものビールに、いつもの笑顔。
しかし…

田中正之さん:
コロナ前に比べると売り上げは半減くらいしてまして、人が動かなくなりました

田中さんは旧信州新町の出身で、高校卒業後に飲食業界へ。店長として経験を積み、2020年にビアレストランやそば店、ホテルの厨房など6つの店・事業所を束ねるグループの代表に就いた。

コロナ禍が始ったのは、その直後からだ。

飲食店グループ代表・田中正之さん:
今までうちはお酒がメインだったので、それを少しでも変えようと。昼間のお客さんを少しでも取り込もうと思ってやりました

コロナ禍の挽回策「テイクアウト」
コロナ禍の挽回策「テイクアウト」

メニューのテイクアウトに、流行りのクリームソーダ。売り上げの落ち込みを挽回しようと、あの手この手を尽くしてきた。

コロナ禍の挽回策「クリームソーダ」
コロナ禍の挽回策「クリームソーダ」

飲食店グループ代表・田中正之さん:
「やめた」って言えれば一番楽だと思った。従業員たちのみんなの顔が浮かぶし、一生懸命やっていて良くなろうとか、従業員は新しい提案とかいろんなことをしてくれる。経営者としてのプライドとか意地はない。まずは「生きる」、生き延びるために

「カフェ」で焼いたパンを「蔵」で売る

第4波の感染が続いていた2021年5月、田中さんはある夢を見た。
来る「善光寺御開帳」をにらみ、善光寺門前の物件をあれこれ考えていたところだった。

飲食店グループ代表・田中正之さん:
夢の中で一緒にリンクさせる、カフェで作ったパンを蔵で売ると。次の日にすぐ建設会社の社長に連絡して、面白いから考えますって判断をした

夢に出てきた2店同時開業。現状を打開するにはこれしかないと、資金調達やパンの考案など忙しい日々を送ってきた。

資金調達やパンの考案など忙しい日々
資金調達やパンの考案など忙しい日々

飲食店グループ代表・田中正之さん:
挑戦していかなきゃ生きていけないですからね

3つの店を忙しく行き来

門前の2つの店ができてから、早起きが日課になった田中さん。

焼きあがったパンを蔵の店に運ぶ
焼きあがったパンを蔵の店に運ぶ

この日、まず向かったのはカフェだ。ここに、2つの店に出すパンを焼くベーカリーがある。焼きあがったパンを、蔵の店へ運ぶのも田中さんの仕事だ。

飲食店グループ代表・田中正之さん:
パチパチ音がしてるぞ。バゲットね、焼き立てだから。香りもいいしね、これはおいしいと思います

15種類以上のパンを並べる…。

飲食店グループ代表・田中正之さん:
こだわりは空間と、県産・国産の小麦だけを使ったおいしいパンを作ること。おすすめは食パン、ホットサンド、オリジナルの角パンですね

一押しのホットサンドは、おやきをイメージした野沢菜漬けが入ったものや、鹿肉カレーが入ったものなどボリューム満点だ。

2階にはイートインスペースもある。こちらは初めての予約客。

予約客:
おいしいです、パンがおいしいです。(店内も)雰囲気良いですね、古民家みたい

飲食店グループ代表・田中正之さん:
参拝のお客さんも大切ですけど、この界隈の住民にもかわいがってもらえように、これからが勝負だと思います

「おいしいな」の笑顔をいただきたい

パンを運び終えると、今度は駅前の「ウインズ」へ。コロナ禍に始めたランチ営業だ。

第6波の影響を受けているが、マスターの顔見たさに常連客が通っている。

常連客:
いつも何も頼まないんです

飲食店グループ代表・田中正之さん:
いつも「お任せ」なんです

常連客:
座ったら何か作ってくれる。ハズレないから、何食べてもおいしい

ランチ営業を終えると、再びカフェへ。

飲食店グループ代表・田中正之さん:
お疲れさまです。お昼はお客さん来た?結構どう?ぼちぼち?

午後もパンを運ぶため、カフェと蔵のパン店を往復…。週末はこの慌ただしさだ。
夕方、2つの店の営業が終わった。気になるのはパンの売れ具合。

飲食店グループ代表・田中正之さん:
まあまあ無事終わりました。予定の8割は売れたって感じですかね

そして、午後5時。

飲食店グループ代表・田中正之さん:
第2弾、夜の部始まります

夜、田中さんはいつもの「マスター」に戻った。
この日も店内は寂しげだ。

終わりが見えないコロナ禍に、多くの店・従業員を抱えながら生き残りを図る経営者。
田中さんの慌ただしい日々が続く。

飲食店グループ代表・田中正之さん:
人とのつながりで、おいしいなって笑顔をいただきたいってのが一番ですね。不安はもちろんあるんですけど、今は耐えるだけ耐えるということですね。挑戦っていうか、まず地を固めて少しずつ前に進んで、みんなで楽しく元気でやっていきたい

(長野放送)