東京都で、初めて、新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」のクラスターが確認された。

東京都によると、5日、新たに10代から40代の男女17人のオミクロン株感染が確認された。このうち16人が市中感染だった。

新年を迎え、東京大神宮では、11人の感染が確認された(3日 千代田区)
新年を迎え、東京大神宮では、11人の感染が確認された(3日 千代田区)
この記事の画像(9枚)

この16人の中で5人は東京大神宮(千代田区)の職員。東京大神宮では、4日、職員1人がオミクロン株に感染していることが判明していた。これで東京大神宮の感染者は合わせて6人にのぼり、都内で初めてのオミクロン株クラスターとなった。

年明けに集団感染が発生した東京大神宮では、この他に5人が新型コロナに感染していることが分かっている。東京都は、この5人についても、「オミクロン株」かどうかゲノム解析を進めるとともに、およそ40人の濃厚接触者に対する検査も進めている。

東京大神宮は、3日から、一般参拝を中止している
東京大神宮は、3日から、一般参拝を中止している
記事 1247 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。