「手品で地方に元気与えたい」…マジックしながら日本一周する男性

新型コロナが落ち着きを見せ、名古屋市中区栄の繁華街「錦三」には、忘年会シーズンとあって人が戻ってきた。一方、明るい街の裏には、新たな問題に直面する人々も…
名古屋最大の繁華街の年の瀬に密着した。

この記事の画像(22枚)

午後7時の名古屋・栄の繁華街「錦三」。日が暮れると、仕事終わりのサラリーマンの姿が目立ちはじめる。中でも賑わうのが、飲食店が並ぶ「のれん街」。店には、女子大学生4人組が…

女子大学生A:
冬休み入って「うぇい~」って感じ。一杯行こうかな、みたいな

女子大学生B:
(今年2021年の出来事は)彼氏ができたことです

女子大学生C:
飲み歩きたいね、マスクも外して

ポツンと一人飲みする男性は、静岡から出張で来たという。2021年はどんな一年だったのだろうか。

会社員の男性(42):
いいことは、娘が小学校に入って。昔だったら卒園式とか入学式とか行けたんですけど、今この状況だから行けなかったんで辛かったです

店内にトランプを持つ人がいた。マジシャンの佐藤基さん(25)だ。

コロナで失業した佐藤さんは、2021年6月からマジックを披露しながら徒歩で日本一周している。

1日約10キロ~30キロずつ進み、172日目のこの日、名古屋に到着した。

マジシャンの佐藤基さん:
僕の屋台、全部手作り。(中で)寝袋を敷いて寝ています。暗いニュースが多いですけど、僕のマジックをきっかけに、感動とか地方に元気を与えられたらいいなと思います

「人生100年、もう一回…」20年来の友人と忘年会する男性会社員

午後8時。満席の店内には20年来の友人という男性が2人。

20年来の友人・会社員A(62):
コロナでめちゃくちゃ。海外関係やっているんですけど、行けないから。オンラインとか、ミーティングやっても全然実感がわかない

20年来の友人・会社員B(62):
奥さんとこんなに朝・昼・晩、飯食ったの生まれて初めて。だんだん機嫌悪くなってくるし…

20年来の友人A:
(奥さんが)在宅ワークやっていてもしゃべりかけてくる…

20年来の友人B:
人生80年とか100年。40、50花ならつぼみ、60、70働きざかりだから…。もう一回ね、なんか世の中の役に立つことをやりたいな

職場の食事会を開いていたグループ。会社の上司と部下だそうなのだが、実は…

会社役員の男性(47):
(目の前の女性は)妻なんです。恥ずかしい話ですけど、僕が47で彼女が23…

47歳と23歳の歳の差婚。職場でお互いに一目惚れし、3年前に結婚したという。夫婦円満の秘訣を聞くと…

同・男性:
やっぱり、奥さんの言うことをよく聞くに限ると思います

男性の妻(23):
仲良く、また一年暮らしていきます

「再開できたのに」バイト店員戻らず…飲食業界に「コロナ後遺症」

焼き鳥「鳥勢」の女将・伊藤綾野さん(45)は、2度の休業などで売上げが1割にまで落ち込む中、時短で営業を続けてきた。

伊藤綾野さん:
守ることに必死で。創業以来初めての休業、アルコール提供なし、もう本当にどうしたらいいのかと…。でも、やっと緊急事態宣言が明けて、お客様が戻ってきてくれて本当に嬉しいです

10月の宣言解除後、約8割まで回復したが、今度は新たな問題が…

伊藤綾野さん:
せっかくオープンできたのにね。人手不足に直面しております。私の店も周りの飲食店も、通常営業できているのに、人手がいないという…

相次ぐ休業や時短営業で、パートやアルバイト店員が戻らず…。飲食業界を襲う「コロナの後遺症」だ。

「嫌なこと忘れて新しいスタートを」経営していた店を閉じた女性は…

午後9時。夜の街は、忘年会を楽しむ人たちで賑わう。街は明るいが、閉店に追い込まれた店も。コロナ禍のストレス発散で人気の“家電や食器などの破壊店”は、第5波の影響で年内をもって閉店した。

しかし、オーナーの女性は12月に早くも新店をオープン。大道芸人や占い師らのショーを楽しめるバーで、客足も上々だ。

バーのオーナーの女性(30代):
めちゃめちゃ大変でした。「Beat it」(破壊店)はコロナの関係もあって、波がすごい激しかったので…。忘年会で、皆さん嫌なこと忘れてニュースタートみたいになるので、一緒に新しいスタートができたら

午後10時。自粛生活で、新しい楽しみを見つけたという女性に出会った。

主婦(50代):
韓ドラにはまった一年。イ・ミンホさんの大ファンで…。これはイ・ミンホさんのドラマに出てくるぬいぐるみで、こういうのを持ち寄ってみんなでオフ会するのがよかった

自営業の男性は、経営する旅行会社とカフェにコロナが直撃したという。

自営業の男性(50):
ゴルフツアーだけは毎月盛況で、生き延びております。カフェもやっているので、お客さんが来ない2大業種なんですけど、笑顔で乗り切るしかない。笑顔とやる気で

師走の繁華街「錦三」には、コロナ禍を乗り越え再スタートする人たちの姿があった。

(東海テレビ)