12月1日にオープンした、宮崎県えびの高原の屋外アイススケート場には、連日、県の内外から大勢の利用客が訪れている。

日本最南端の屋外スケートリンク
日本最南端の屋外スケートリンク
この記事の画像(6枚)

韓国岳をバックに…開放的な空間でスケート楽しむ

えびの高原屋外アイススケート場は、日本最南端の屋外スケートリンクで、雄大な韓国岳をバックにスケートを楽しむことができる。

雄大な韓国岳をバックに 宮崎・えびの市
雄大な韓国岳をバックに 宮崎・えびの市

2021年もコロナ対策として、同時に滑る人数を450人に制限して営業している。

2020年は、新型コロナの影響で団体客のキャンセルが相次いだが、2021年は修学旅行などの予約が多く入っていて、スケート場では客足の回復に期待を寄せている。

この日も地元の幼稚園児や県外の高校生などが訪れ、開放的な空間で、気持ちよくスケートを楽しんでいた。

訪れた人:
非常に景色も良くて、ゆっくりできますよ。休憩を取り入れて、楽しくゆっくり、靴に乗って滑ろうと思います

えびの高原屋外アイススケート場は、2022年の2月下旬まで営業する予定。

(テレビ宮崎)

記事 320 テレビ宮崎

宮崎の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。